2009年3月15日日曜日

年度末のお約束


ここ最近,ブログを書くことができずにいました.

このブログは夜に書くことが多いのですが,この数日の間,いかんせん飲み会が多い.
とてもじゃないけどベロ酔い状態では書く気が失せるというものです.

送別会やお別れ会などなど.今の私に直接関係ない研究室の飲み会にまで参加している有様です.

送別会ともなると普通に呑むことの方が少ないわけで.
コレで最後とばかりにかなり量を消費します.

でも,所属している研究室の飲み会では以外なサプライズが.
学生達から “お礼に...” とプレゼントを頂きました.
完全ノーマークだったことだけに,「感動」 まではしませんでしたが 「感心」 しました.

一部の,卒業論文に関わった学生ならまだしも,ほとんど 「アレやれ,コレやれ」 と指図された覚えしかなさそうなものなのに...,私の苦労が伝わったのでしょうか?
苦労してくれたということで,「低反発クッション」 をもらいました.

わたくし,低反発クッションが似合うらしく,以前もこういった貰い物では低反発クッションばっかりです.
たしかに 「自分では買わない,でも欲しい...」 という絶妙な贈り物ではありますよね.

知ってました?低反発クッションって,気温に応じて固さが変わるんですよ.
冬はカチコチで反発しまくりですし,夏はブヨブヨで低反発どころか無反発です.
春と秋が低反発の季節です.

今後とも, ミスター低反発 として,人々から低反発クッションを賜りたいと思います.
どうぞよろしく.


誰が言ったか知りませんが,“教育・指導” についての格言で,

相手が “自分の力で出来る様になった” と思わせてこそ一流。
“この人の御蔭で出来る様になった” と思わせていては二流。


というのがあります.

ということで私は二流だったということです.

やっぱり,“自分の力だけで解決できる能力” を養ってこそ真の指導なのでしょうか?
なんでもかんでも 「教えてあげる」 では,相手から喜ばれはしても本当にその人のためになっているかとなると,そうではないのかもしれません.



飲み会,また来週もあります.
だいぶ頻度は減りますが.

今のうちに肝臓を休ませとかなきゃなりません.