2009年4月4日土曜日

情けない


情熱が感じられません.
日本を火の海にするという情熱が.

北朝鮮にはガッカリです.

だいたいが,
「迎撃したら報復する」って,意味不明.朝鮮語では普通なのでしょうか?日本語ではコレ→,“迎撃したら報復” って意味がわかりません.道理がない気がする.

それに弾道ミサイルを撃ち込むのに天候もクソもあったもんじゃないでしょう.
風が吹いたら様子見で,雨が降ったら中止ですか?カメハメハ王国じゃあるまいし,気合を入れて発射してほしいものです.

各国は気合を入れていたのです.
「発射すればタダではおかない」とオバマ米国大統領.
「ギリギリまで説得する」と中国・胡錦涛国家主席.
「領空に飛来したら撃墜」
とロシア.

右往左往するのが日本と韓国.情けない.

でも,
最盛期を迎えた日本海の漁港では,
「おれらは上を見て仕事はしない」
と余裕の漢たち.


一方で,
東北自治体では 「ミサイルと言うと問題があるかもしれない.飛翔体と言うほうが無難」
だとか,どうでもいいことで悩み,
日本政府は「発射された」と大誤報.

「ミサイル発射の誤情報は海外メディアをも混乱させた」
と朝日新聞.海外メディアねぇ...,しっかりと海外メディア(=中国,韓国)にすり寄っております.

でもって社民党の福島瑞穂氏は
「政府の大失態ではないか。間違ってミサイル防衛で迎撃していたら、先制攻撃にもなりかねなかった」
と,バカ丸出し発言.
発射されてないミサイルをどうやって迎撃すんだ?知らないんだったら言及しない方がいいという良い例.

そんなこんなに 「どうなっているんだ!」 と東北住民.
翻弄され政府に不信を抱いている,というその頃,当の東北・青森では,美しすぎる市議会議員・藤川優里氏 (写真) が 「世界一美しい女性政治家」 第1位に輝いていました.
なんたる痴態.万死に値します.東北からは緊張感が感じられません.

その後,日本のニュースはビーチバレー・かおる姫の初勝利に沸いていました.スポーツに身を置く者としてはガッカリなニュースです.
ミサイルのことは無かったことのように扱われ,ビキニ姿に彩られるニュースサイト.
平和ですなぁ...