2009年5月30日土曜日

アリの巣コロリ


今から数週間前,
職場にアリが大量に這っておりまして,ホトホト困っていました.

驚いたのはその部屋に設置してあったプリンタにアリが混入し,故障させていたこと.
Brotherのプリンタだったのですが,保証期間内にも関わらず,昆虫混入は保証外ということで無料修理してくれませんでした.

代理業者の人も
「対象外とは言え,こんなに突っぱねる会社は珍しい」
とのこと.

ということで,
Brotherからは製品をもう二度と買いません.
最低の会社です.

我が職場からは今後 Brotherを一掃します.
やっぱOKIがいいですね.


そんなわけで,アリ退治にいそしんだ5月.

アリの巣コロリをつかってみたところ,設置型の顆粒タイプ (緑色の箱型タイプ) では効果がなかったように思います.
設置してしばらく...,若干アリが減った気がしたのもつかの間.
すぐにワンサカ現れて,顆粒タイプを無視して素通りしながらモゾモゾ這い回っておりました.

毒だってことがバレたんでしょうか?

パソコン画面を横切られると,無性にプライドを傷つけられたような気がしてなりません.
気をつかうデータ入力中だと殺意を覚えます.
てか,即 潰してやります.

なんとしてでも全滅させてやる,と心に誓ったのです.


そこで今度は液体タイプ.
窓辺にこれでもかと撒いてみたところ,壮絶な威力に感動.

見事にアリがいなくなってしまったのです.

なんかこう,カタルシスといいますか,根絶やしにしてやったという優越感.
欧州・狩猟民族の血がうずくとはこういう感覚なんでしょうか?
農耕民族である私としても一抹の興奮を覚えました.
『アリの巣コロリ』 なんてカワイイ名前をつけていますが,
要は 一族皆殺し,女・子供も容赦なく毒殺してるわけで.

アリの分際で,優勢種である我らヒトに歯向かった報いです.

同じメーカーのシリーズ商品でも,こうも違うものなんですね.
強力すぎて,なんか土壌に悪影響がないか心配になるほど.
影響は無いと説明書きにはありますが....

そんなこんなで,私の部屋からはBrotherのプリンタとアリを駆逐することに成功しました.

さわやかな初夏の澄み渡る青空のごとき心境でございます.