2009年7月4日土曜日

事故りました

またもや自転車が使用不能状態です.

今回はパンクなどではなく,自動車とぶつかってホイールが捻れてしまい,自転車としての機能を果たさなくなっておるんです.

先ほど,夜道を通っていたら,分岐のところで自動車と正面衝突.
ですがそこは私も元・スポーツマン.走りながらも自転車を踏み台に自分の体を空中へ投げ出し,衝撃を回避.
ジョン・ウー監督映画ばりのアクションを決めてきました.

避けきれなかった部分が打ち身っぽくなっていますが,普段のウエイトトレーニング時の筋痛と比べたら大差ないものです.


例のアレを体験しましたよ.あの “時間が止まったように感じる” ってやつです.

「んなアホな〜」 ってな勢いでぶっ飛ばして曲がり入ってきた自動車.そのドライバーの顔もじっくり見れまして,相手も驚いているのを確認.
「この道でそのスピードはないで,速度落として確認しながら入れや」
と考える余裕もありました.

そしてブレーキをかけながら,どういう風に回避すれば一番ダメージをくらわないか,を考え,ちょっとやそっとではコリャ死ぬな,という結論に至って思いっきりジャンプ一閃.
自転車を棄てて命を拾いました.

短時間の内にいろいろ考えられるものですね.普段からこの思考速度が欲しいです.


今回ばかしは自分で修理するのもうんざりなので,自転車屋に修理に出します.

相手もヤクザではなかったので丁寧な対応をしていただき,後ほど警察を入れるとのこと.

事故のことより,また明日から数日は歩行通勤であることがショックな私です.