2009年7月13日月曜日

臓器移植法がそのまま可決


以前にも記事にした臓器移植法案が参議院でも可決.修正なしでそのまま通過しました.

これで1年後からこの臓器移植法が施行されます.
新たな一歩を踏み出せたこと,素直に喜ばしいことだと思っています.

ダメならまた修正・変更すればいいのです.

なんでもそうですが,作ったものを後々見直せないのが日本の悪いところ.
年金しかり,憲法しかり.
今回のような法であっても,作った人達の顔色をうかがいながら,そして作った人のプライドを保つために修正できない可能性があります.

「デリケートな問題.もう少し議論をしてほしかった」
という意見もあるようですが,どこまで議論しても平行線なのは目に見えています.

誰も,全員が納得できる法をつくれとは言いません.無理ですから.
さっさと事が動くように計らえばいいのです.たたき台になる法を作ればいいのです.

そりゃ適当にやれとも言いませんが,こういったデリケートな問題を解決する法を作る事が出来る人なんだ,任せていいんだ,という国民からの票をもらっている議員の仕事ですから.
「私,決めかねるから,わかんないから欠席」とかね,そういう議員の根本的な業務をなまけてるような奴は荷物まとめて帰れと.


さきほどニュースを見ていますと,キャスターが,
「政局ばかりで,このような重要な問題を取り上げなかったことが問題・・・」
とか,
もうね,
鏡に向かってしゃべってるのか?と.

あなたたちが無視してきたのが最大の理由じゃないかと.
政治のしょーもないことばかり取り上げて,重要な法案にスポットを当てなかったメディアの罪じゃないですか.

まぁ,メディアや議員・党に対する不満は前回こぼしましたので,この辺にしておきます.


将来どうなるかわからないから・・・,ということでしたけども,将来を占うと言えば,わたくし,占いができるのです(でもこれは以前にも書きましたけどね).タロットカードです.

なぜに?
と思われるかもしれませんが,それは深く考えないとして,これがまた結構当たるんですよ.

ある人なんか,6回占って,その結果6回連続で 「タワー(崩壊・破滅を意)」 のカードが出ました.かなり不吉な兆候.
そんな矢先,その人の人間関係が崩壊する事が起き,修復不能な状態で悩むことになります.
そしてさらに追い打ちをかけるように父親が末期ガンだという知らせが.もう助かる見込みはないそうです.

それだけでもスゴいのに,さらにこの 「タワー×6」の真価を示したのが,父親が末期ガンである事に対し,その人が真っ先に気にした事が,
「遺産はいくらもらえるんだろう」
ということ.その状況,まさに 「タワー×6」 です.

“その人にとって” とかそんなんじゃなく,その状況が日本人として,人間として,同じ地球に住む者として破滅的展開です.

また機会があったら占ってみようと思います.
それまで魔力を高めておかねばなりません.