2009年8月15日土曜日

高野山へ


ビックリするくらい時間がある日々.
ということで,行こう行こうと思っていてずっと行けていなかった高野山に行ってきました.

今回は電車でしたが,以前は自転車で行ったことがあります.
なぜ自転車なのかって? それに理由はありません.内的モチベーションとでもいいましょうか.
その時は野宿でしたけども,墓地で眠ったことを今でも覚えています.

その野宿した墓地ですが,別に人魂が飛び交う薄気味悪い場所ではないんですね.
後日 上に写真を掲載したいと思いますが,高野山って宗教的な霊地ですけど,一言で言えば 「明るい」 場所なんです.
昔だって旅の人は墓地の近くの小屋で一晩過ごしたりしていたのです.ツーリストとしては普通だと思うんです.

弘法大師様が眠る聖地です.そこに怨霊など徘徊しているわけありません.
織田信長や明智光秀,上杉謙信に武田信玄,伊達政宗といった戦国武将だけでなく,お笑い芸人や文化人,犬・猫,シロアリだって眠っている場所です.まるで死者とのポータルサイトですね.


ところで今日は8月15日.終戦の日です.
日本でも最大級の墓所である高野山.もちろん第2次世界大戦で亡くなった方々を弔う場所もあります.
戦死された方の霊が祀られている 「英霊殿」 なる場所が用意されているのです.

が!

誰も参拝していない!

シッーーーン・・・と静まり返ったこのゾーン.お盆休みの週末ということで参拝客はメチャクチャ多いのに.
わずか10数メートル離れた場所ではざっと100人以上はごった返しているのに,この大東亜戦争慰霊地には誰一人いない.

別の日ならまだしも,今日は終戦記念日.先の大戦で国の礎となった英霊達に手を合わせる気持ちもないのかね.
関西を代表して,わたくしめが手を合わせておきました.

戦争アレルギーもわからんではないですが,こうして平和に暮らせているのもここで眠っている方々のおかけです.
別に大東亜戦争だけでなく,信長や光秀,犬・猫,シロアリ,全ての死の上に私たちの生活があるのです.

観光客で沸き返ってはいましたが,久しぶりに神聖な気持ちになれた一日でした.