2009年11月15日日曜日

日本一の兵(つわもの)


さきほどNHK大河ドラマ「天地人」で大阪夏の陣と真田幸村の活躍を取り上げていました.

ドラマの主役である直江兼続は,この戦いでは蚊帳の外でしたので,結構あっさりと描かれていました.
ですので,真田幸村やこの戦いでのエピソードや蘊蓄をもう少し語りたいと思います.


まず 「真田幸村」 ですが,実は 「幸村」 というのは通称でして,本名を 「真田信繁(のぶしげ)」 と言います.
幸村というのは後世の小説や講談でつけられた名前です.

真田幸村の活躍は戦国ファンで知らない者はいません.
なんと言っても敗戦濃厚になった 「夏の陣」 の佳境でみせた徳川本陣への突撃はあまりにも有名.
幸村の決死の突撃は,徳川方の諸大名を蹴散らし,本陣にあと一歩の所まで迫りました.パニック状態になった本陣で家康に自害を覚悟させたと伝わっています.
とは言え,多勢に無勢の幸村はここで討死にしています.

当時,真田幸村は冬の陣でも活躍したのですがあまり名前は知られず,夏の陣の活躍で後世に名が残るようになりました.
真田幸村については島津忠恒という武将が有名な評価をしています.

真田 日本一の兵.古よりの物語にもこれなき由.


また,当時の民衆の間では,真田幸村は豊臣秀頼をつれて生き残ったと言う伝説があります.

花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり鹿児島へ

という童歌が民衆の間で流行したそうです.

真田幸村は猛将として有名なだけでなく,“影武者” がたくさんいることでも有名で,これがこの伝説を生んだ要因でもあるのでしょう.

実際のところ,影武者が多数いたとされる真田幸村の生死は不明ですが,秀頼と淀殿の死亡は確認されています.
二人は火薬庫に火をつけて壮絶に自爆死したそうです.

淀殿こと「浅井茶々」は信長の妹である「お市」と,戦国武将である「浅井長政」の娘で,豊臣秀吉の側室です.
秀頼を身ごもるために秀吉に近づいたともされ,実際,秀吉から寵愛されます.その若さと美貌で豊臣の権力を手中にしました.

豊臣秀頼については,先の童歌にあるように優男で華奢なイメージがありますが,実は身長190㎝以上,体重160kgの巨漢デブであったことが記されています.
ですので,小柄な体が普通だった時代においても,さらに小柄であった秀吉の血を本当に継いでいるのかどうか怪しいところです.
真偽のほどは淀殿しかしりません.

怖い話ですね.