2009年12月17日木曜日

シャンプーの匂い

一人の男子学生が恋をしているようです.

とある大学職員に気があるようで,今日も私の部屋に来てずっと彼女の話をしていきました.
もうメロメロです.いろいろな妄想を巡らしておりまして,こっちはやってられません.
恋の病を発症しています.

私もかつてそんな熱を上げる時代があったでしょうかね.もう忘れました.若さがあるのはいいもんですね.でも戻りたくはないですけどね.

すれ違い際に香る彼女のシャンプーの匂いに悶絶しており,はっきりいって気持ち悪いです.
シャンプーのメーカーをいろいろ予測して独りで盛り上がってました.
(エッセンシャルか椿じゃないかと言ってましたよ)
それだけでなく,彼女の裸体を想像してニヤついてまして.顔も赤らめちゃったりして,どーしょーもないです.
もうね,死ねばいいのに,と思います.


さて,
今日は大学の先生方と忘年会でして,さっき帰ってきました.
盛大な会になって,下っ端の我々としては大変ですけどとても楽しい時間を過ごさせていただきました.
普段は聞けない裏話を聞けますので,とてもためになります.

来年は私はこの大学を去りますし,大学の教員をやることになりますが.
こういった会で話に登る内容は本当に勉強になります.
次の職場で活かしていきたいと思います.

2次会はアダルトな雰囲気が漂うクラブに行かせてもらい,なかなか味わえない体験をさせてもらいました.これまた勉強になります,ありがとうございました.

機をみてササっと帰ってきましたが,今回もなかなかいいタイミングで若手を誘導して抜け出せたと思います.
こういった抜け出し方,誘導方法も学びました.私もずいぶん手慣れてきたものです.

しょーもないことですけど,やっぱり大事なことですよね.