2011年11月27日日曜日

議事録

昨日は大学院の後輩たちと久しぶりに梅田周辺でミーティング.
会場は餃子をメインにした居酒屋です.

教育系の大学院博士課程に進学する人がいるということで,彼を囲んで(といっても3人だが) 「教育」 と 「筋力トレーニング」 について熱く語り合った夜でした.

その議事録を以下に示します.


1.日本の諸悪の根源は「野球」
全会一致で採決された.
会の出席者全員が元球児であることが強い説得力を持つ.

日本社会の根底にはびこる 「パフォーマンスよりもプロセスだ!」 を重んじるくせに,「最終的にはパフォーマンスが大事なんだよね」という理不尽な空気をつくっている根源である.

特に「高校野球」がそれに加担している割合が非常に高いという意見が多かった.
誰も高校球児が「爽やか」で「一生懸命」で「ひたむき」だなんて思っていないくせに,なぜか “それ” を期待していること.
そして,高校球児たちもそれを “演じている” ことが痛々しい.

あの最終回での測ったような 「内野ゴロ,そしてファーストベースへのヘッドスライディング,アウト!」 は,ハリウッド映画における 「あれだけ銃を乱射してたくせに結局最後は殴り合いで決着がつく」 に匹敵するほどのお決まり演出である.


2.教育は本当に大事なのだろうか?を問う
「私の教育論」 を展開する人は多いが,そういった教育がそもそも必要かどうかを問う人は少ない.
大いにこれを博士課程で研究してくれ,との強い応援があった.

“教育は必要” なのだろうが,そのあり方や必要性は常に問い続けるべき.
現代社会とこれからの社会を切り開いていく者にとって “教え,育むべきもの” は何か?
勉強(読み書きソロバンのこと)と教育は別物(のはず)だが,この両者が同質のものとして議論されていることに強い違和感がある.

教育に携わる者たちは文部科学省からの通達をそのまま垂れ流すのではなく,プロとしての自覚を持って,自ら「教育」を考えるべき.
「ゆとり教育」 の崩壊は,文部科学省からの “お言葉を頂戴する” という姿勢の学校教員が招いたものである.
自律(自立)した教員の育成が先にあり,そのあとに「ゆとり教育」を実施すべきであった.

※かなりの酩酊状態で実施された議論であったため支離滅裂に終わる.


3.守・破・離―日本の教育は守ってばかり
守破離が教育に必要.
小・中学校(高校もかな)では 「守」 の教育.
高等教育機関に進んでいる段階では「破・離」の教育ができることが理想,との意見が出された.
大学にまで来て 「授業を聴く」 だけではダメである.
学生同士,そして教員との議論・討論により学んでいくべきである.

帰り道,大阪駅に向かうまでの新御堂筋辺りで引き合いに出されたのは以下の名言,

平凡な教師は言って聞かせる
よい教師は説明する
優秀な教師はやってみせる
しかし最高の教師は子どもの心に火をつける
~ウィリアム・ウォード~

この言葉の意味することは,教師と教育の理想とは自律した子供を育てることにあり,「善い」とされるコンテンツを与えることではないという事である.との意見が出された.

やってみせ
言って聞かせて
させてみせ
褒めてやらねば人は動かじ
~山本五十六~

山本元帥の言葉は教師側からの言葉であるが,ウォードの言葉と比べ見事に反転しているところが興味深い.
やってみせて,言って聞かせた(学校教育)後は,演習,つまりゼミ(高等教育)が必要なのであろう.
演習・ゼミとは教員と一緒になって研究することであり,そうした中でその分野の深淵を覗き込むことができるのではないだろうか.

※シラフな状態で思い返すと,極めてステレオタイプな考えだと反省している.


4.ファンクショナルトレーニングは怪しい
エビデンスの薄いトレーニングを推しすぎるとシッペ返しがくるかもしれない.
ただし,お金儲けのためには仕方ない部分もある.
やっぱり素人相手に「バランス」「軸」「機能」というワードはウケが良い.
適度に利用しよう.


以上

2011年11月20日日曜日

神戸マラソン

なんの捻りもないベタなタイトルをつけてみました.

今日は記念すべき第1回神戸マラソン.
うちの大学の学生達がボランティア・スタッフとして参加させてもらっているということもあり,その挨拶回りに朝から出かけていたのです.

実は珍しく朝寝坊してしまい,スタート地点の市役所前に着いたのがスタート時刻のギリギリ9時ちょうど.
三宮駅から神戸市役所までマラソンのごとく駆け抜けます.

関係者や学生が作業している場所はスタート地点の市役所前.
ところが,当たり前ではありますけどスタート地点である「市役所前」という所(交差点)の,それこそ市役所前は関係者以外立入禁止なんです.

スタート時刻のだいぶ前(昨日の予定では7時半くらいに現地到着予定だった)なら事情を説明し,お世話になっている関係者に一言お礼を言ったり学生の様子をスムーズに見れたのでしょうけど.
遅刻した自分が悪いわけで.
そんでも,諦め切れないのでここは思い切って突入することにしました.

悪気があったわけではないんですけど,スーツに手持ちカバン,それに持ち前のマジメそうな姿に警備員の人もすっかり騙されたようで,難なく通してくれました.
ダメだったんですよね.本当は入っちゃ.
「学生の引率にぃ・・・,」って言ったら「どうぞ」って.

そのエリアに入ったら,みなさん色分けされた「許可証」をぶら下げてて,私だけポツンと関係者外.
まぁ,関係者といえば関係者なのでしょうけど.

地下道から出て市役所の玄関へ.そして学生や知ってる人を探そうとしましたが,ちょうどランナーがスタートしたところでした.

せっかくなので,「どれどれ,ここがスタート地点か」とスタート地点の真横にズケズケと向かいますと,気がつけばそこは来賓者席.周りは要人の皆さんばかりだったようで.
どおりで人がポツリポツリとしかいなかったわけだ.

スタートのセレモニーが終わりますと,私の方に向かって「あ!」と叫んで向かってくる人達が.
「ゲッ,やっぱここに来ちゃまずかった?」と心配しておりますと,
「そこにおられましたか!」と私の隣のオッサンに駆け寄ります.
「ん?誰この人?」と思っていたら井戸敏三知事でした.
向こうからすりゃ,知事の隣に立ってる奴こそ「誰この人?」でしょうが.

TVとかでスタート・セレモニーなんぞみたら,それこそスタート地点脇にミスター・ビーンのように場違いな男が映っているかもしれません.
それは私です.
私はTVを見ないのでわかりませんが.


ようやく学生の面倒をみてくれている方にお会いでき,
「スタートは完璧に進みましたね!いやー,いい天気になってよかったですねぇ.学生はどうですか?ずっと探したんですけど会えなくて」
と,ギリギリに来たことを隠して陽気に振る舞います.

ゴミ拾いをしている学生をたまたま見つけて一言交わし
「じゃ!」
ということで,別の学生達が配置されている10km部門(クウォーターマラソン)のゴール地点に向かいます.


災難はそこで発生しました.
写真はその時に撮った須磨浦公園前のランナーたちの様子です.

学生たちを探していたのですが,全然見つからず,ここは諦めて帰ろうと.
が,一般人の交通が厳しく制限されている上にコースとフィニッシュポイントの地形上,ほとんど身動きがとれない状態になってしまったのです.

次に学生たちが配置されているフルマラソンのゴール地点に向かいたいのに,これではいたずらに時間が過ぎちまう.
しまった,先にフルマラソンのゴール地点にいっときゃよかった.と後悔しても後の祭り.

ゴールして爽やかな笑顔を振りまくランナーや,フルマラソンの10km地点を走るランナーを延々と見続ける趣味もない私としては,早く移動したくてたまらないわけで.
抜け道はどこだ!と焦り探します.

TVとかで須磨浦公園前のシーンなんぞ見たら,ランナーでもない男がスーツ姿で走る場違いな様子が映っているかもしれません.
それは私です.
でも,私はTVを見ないのでわかりませんが.


「どうすれば私は帰れるの?」と聞きますと,「あの山を越えるといいですよ」と警備員.
須磨浦公園の裏山を登り,そして下り.
下で走ってるランナーよりしんどいのではないかと.
でも,ここを源氏と平氏の兵どもが命を賭けて駆け回ったと思うと感慨深い・・,ことはないか.

結局,本気(マジ)で疲れたのでそのまま大学に行くことにしました.
ということで昼からは大学でお勉強.
このところ,ずっと学生の相手をしっぱなしだったので,溜まっている仕事もありまして.

来年もやるんですかね,神戸マラソン.
ジョギングの趣味はある私ですが,マラソンには興味無いのでどっちでもいいと思っています.
とはいえ,来年も開催されるのであれば,全力で学生を送り込んでサポートする所存です.

2011年11月12日土曜日

質問させる

前回の記事では,
毎回の授業で学生に一つだけ質問させ(授業にまつわることが主),それを出席カードの扱いとして回収.
次の週の授業にて,その質問&私の回答をA3両面コピーという形式で返す,という授業を展開していることを紹介しました.

質問の内容や質で点数をつけています.主観的な採点ですが,感想とかレポートも同じようなものですから構わないと考えています.
A3両面コピーも私なりのこだわりというか.実技の授業という事情もあって,A3用紙1枚であれば学生も紙を持ち帰るのが楽かな,という配慮です.こちらとしても配るのも楽だし.

この「学生に質問させ,それに点数をつける」というのは大学教員であり作家の森博嗣氏もやっており,氏のやり方は著書である『臨機応答・変問自在』に詳しいです.

今回はこの「学生に質問させ,それに点数をつける」という授業をなぜやっているのか?というところを取り上げましょう.

それは前任の大学で研究員(「助手」という名前だった)をやっていた時から感じていた,

大学生に “授業” をしても意味がない

そして,自分自身が大学生だった時に感じていた,

授業を聴くより自習した方が効率が良い

ということが原点です.

そんなわけで,自分が大学教員になってしまった時に考え込みました.
「意味のない授業をどうしようか」と.
大学教員は授業をしなきゃいけないことになっていますから,仕方ありません.
学生はお金を払って授業を受けているわけですから,それに見合ったものを提供しなければならないとも思いますしね.

大学の授業に意味を見出せないとは言え,全く無価値かと言えばそういうわけじゃないとも思います.
強いて言えば「きっかけ作り」という価値はあります.
と同時に,「きっかけ作り」にしかならないかな,と.

意味のない大学の授業に意味を持たせようと考え尽くした結果,
「学生の質問に回答する機会を提供する」という授業に至りました.

理想としては,授業中に学生からドシドシ質問が出て,それに私が回答しながら「そういう時はこうするんだ」と実技する授業ができたらいいのでしょうけど,遠慮深い学生たちはそんなことしません.
そうですね,ちょうど『これからの正義の話をしよう』で有名になったマイケル・サンデル氏のような対話式授業ですね.
それを質問・回答用紙の配布という形で具現化しているわけです.

「質問をさせてそれに点数をつける授業」が良いと考えている理由ですが,森氏も著書で述べている,

重要なことは答えることではない,問うことである.

ということ.

大学生になったら勉強は自分でやるはずで,しかも自習の方が効率がいいのです.資格試験対策,採用試験対策に精を出す昨今の大学であれば尚の事.
であるならば,大学教員が授業でできることは,

学生からの質問に答えること

だけなのではないかと.
むしろ,そこが大学の授業の価値ではないかと考えています.

社会に出ると実感しますが,与えられた問題を解決する力ってそんなに大事ではないのです.
それより大事なのは,「問題を見つける力」です.

「この問題はこのように解決しましょう」という能力よりも,
「それって問題じゃないですか?」と問う能力の方が重要です.

学術研究にしたって一緒で,テーマと研究計画を考えるところが一番難しくて,それさえ出来上がれば,あとは学生だけでもできちゃいます.

例えば,たいていの研究室では卒論のテーマは先生からもらいますよね.
学部生くらいであれば,その与えられた問題(つまりテーマ)をどう解決するかに苦心します.
でも,修士・博士くらいになったらわかりますが,テーマ決めや研究計画を練るのが一番難しいのです.
テーマや研究計画は,それまでの研究の経緯や解決方法の選定,得られる結果の価値や意義を吟味しなければいけないからです.

問題解決能力がある人が評価されているように思われます.
でも実は,一般的に問題解決能力があると言われている人ってのは,問題を見つけることができているからこそ問題を解決できていると言えるのです.


ところで,
高得点をもらえる質問とはどんなものか?ですが,前回の記事を見てもらえると,なんとなく分かってもらえると思います.

チョッと考えりゃわかること,そもそも無知によるもの,本人は知りたくてしょうがないのかもしれないが価値の低いものは低得点です.

高得点の質問というのは,回答者である私ならではの回答が引き出せているもの,明確に正解がないものです.
つまり,“本当に問題なこと” を質問できている質問を高得点にしています.
レポート課題とか論文のテーマになりそうな質問という事もできるでしょうか.

簡単そうで,意外とこういう質問をしてくる学生はいません.


まぁでも,「そんなこと言ったって,おまえの自己満足の授業じゃねぇの?」と言われかねないものですね.
でも,自慢話になりますが私の授業は学内でもトップクラスの学生満足度を誇ります.
学生満足度アンケートという代物を私は信用し過ぎないようにしてはいますが,学生が求めるものを提供出来てはいるのだと安心はしています.
以上,自慢でした.
  

2011年11月2日水曜日

私も「臨機応答・変問自在」

ちょっとブログの更新が遅くなりましたね.
科学研究費補助金の申請に手間取っており,ブログの方に意識が向きませんでした.
久しぶりです.

「スカイ・クロラ」の作者で有名な森博嗣氏が出している新書に 『臨機応答・変問自在』 というのがあります.

大学教員でもある氏は,学生に質問させることで出席をとり,その質問への回答を書いたプリントを返すという授業を展開しているとのこと.
この本は,そういった質問・回答のやり取りの一部を載せたものです.

実は,私も以前からこの形式の授業をやっております.
別に森氏がやっていると知ったから始めたわけではなく,このやり方の方が学生のためにもなるし,面白いだろうと考えているからです.

氏の教育哲学には全面的には賛成できないものの,いろいろと同意できる部分があるわけで.

重要なことは答えることではない,問うことである.

同感です.

というわけで,私の授業での質問・回答もここでご紹介しておきましょう.
授業はというと,保健体育の教員になるための実技です.科目名は伏せときます.

教員を目指す授業なので,そういった観点からの質問が多いですね.
回答文の最後にある数字は,その質問の点数です.1~4点で採点しています.

学生は「質問するのは大変」だと言っておりますが,回答する方は意外と楽しいものです.1クラス30人くらいなので,忙しい時にはちょっと大変ですけど.

授業の1~5週目くらいまでは意味不明な質問が散見されますが,少しずつわかってくるようで,後半になると鋭い質問も頻発するようになります.
この変化する学生を見るのが楽しみのひとつです.

では以下よりどうぞ.


Q.静かにしなくてはいけない状況で うるさい生徒に対してどう対応すればよいですか?

A.静かにしなくてはいけない状況なのですから,静かにさせてください.①



Q.バランスボールは,教員になった時,子どもに教えることってありますか?

A.文部科学省からの通達にはありませんが,指導してあげたら喜ばれると思います.②



Q.バランスボールが家にないときはどうしたらいいのですか?

A.家で購入してください.①



Q.私は背骨が1mずれているのですが,ストレッチポールを続けていれば,そのずれもなおりますか?やりすぎはダメですよね?

A.背骨が1mずれている,というのはどんな状況なのでしょうか?それに「背骨がズレている」という表現は様々な意味を含みます.スポーツ・体育専攻の学生ですから,もう少し専門的に状況説明してください. どんなものでもやり過ぎはダメですね.①



Q.レクリエーション時に気をつける事は何か?

A.たくさんあります.①



Q.他に,障害者向けのゲームってありますか?

A.あります.①



Q.教師になると大変ですか?

A.はい.①



Q.体育が嫌いな子にどうやって指導しますか?

A.体育が好きになるよう指導します.①



Q.老人の方が運動不足を解消するには,エアロビクスは有効ですか.

A.皆さんの文章に時々散見される「老人」ですが,この表現はあまり利用されません.「高齢者」と表記するほうが一般的です.
有効です.ただし,集団で行う場合は個人の体力差や動作の理解力を把握して行う必要があります.②



Q.ストレッチを2人以上で行なうとき,一応体が関係しているため,ある程度体格が同じような人と組んだほうがいいですか?

A.はい.②



Q.自分が授業を展開するときに,自分の指示と子供たちが自分で“考える”のは,どれくらいの割合が一番バランスがいいですか?

A.その授業で,あなたがどれくらい“考えさせたいか”によると思います.③



Q.教員採用試験は何をするんですか?

 A.教員を採用するための試験をします.地域によって違いがあります.あなただけでなく,教員を目指す割に教員採用試験で何をするのか調べていない学生が多いのが気がかりです.きちんと調べて大学の授業を受けてください.②



Q.ついていけず,しんどそうな生徒にどうやってやる気を出させますか?

A.ついていけず,しんどそうなわけですから,休ませるなどしてください.②



Q.授業でのり気でない子がいても,同じ内容の授業をしたら,やっぱりダメですよね?工夫してものり気でない子に対してどのように接したらいいでしょうか?

A.「同じ内容の授業をしたら」という意味が不明です.もう少し明確に質問してください.「工夫してものり気でない子」というのはどういう子でしょうか?①



Q.ごはんの後に運動するのと,運動のあとにごはんを食べるのはどっちがいいのですか?時間帯はいい時間とかありますか?

A.どちらでも構わないのですが,筋肉づくりのためには運動の直後に食べることが推奨されています.②



Q.将来,フィットネスの仕事をしたければ,フィットネスのバイトをした方が良いですか?

A.はい.間違いなく有利です.ただし,「有利」というだけで,「確実」ではありません.どんな仕事に就く上でも同じことが言えますが,「アルバイトをした」という事実だけでは意味がありません.そのアルバイトを通じてコミュニケーション能力やマネジメント能力,指導スキルをしっかり勉強することです.フィットネスのバイトでなくても,そのような能力が高まるところであればラーメン屋であろうがボランティアであろうが関係ないと思います.③



Q.教員になるためには,部活動は必要なのでしょうか.また,部を転部することはよくないのでしょうか?

A.部活が必要とか,転部が良くないという噂は私は聞いたことがありません.むしろ私の周りの教員志望者は,「いつ部活を辞めて試験対策に切り替えるか」で悩む学生が多かったような気がします.採用試験は4年次の6月~8月にかけて実施されます.教育実習の準備を含め,試験対策を練るとすれば3年次の10月くらいから始めているパターンが多いです.②



Q.授業をする上で,生徒(小学生・中学生)の安全面で考えて,どこを意識して気をつけていたらいいのでしょうか?

A.意識すべきことはたくさんあります.試しに,以下のことで安全に関わることを挙げてみてください.教場,対象の様子,服装,天候,用具,時間,あなた自身.状況によって様々ですよね.安全を確保するためのマニュアルは,有りそうで無いものです.完全にカバーすることはできませんが,それを求められることも事実です.指導者として不断の心構え(準備と即応力)が大事だと思いますよ.③



Q.子供たちの中に障害の子がいて静かにすることができなければどうしたらいいですか?

A.良い質問です.答えはありません.少なくとも私なりに“応える”とすれば,静かにできなくとも,できるだけ一緒に実施できるプログラムを考えて管理職の人に理解を求めます.学校の授業は1回だけのものではないし,規律正しく静かにさせることが体育教育の本質ではないと思っています.学校生活全体を通して,子どもたちが「善き国民」になってもらうことが大切だと考えています.手段は人の数だけありますので,自分なりの答えを見つけてください.④



Q.教員になるまでは,子どもがすきで指導をしたい.教員に絶対なりたい.って言う気持ちが必要だと思いますが,教員になった後,どんな気持ちが必要ですか.

A.教員になる前に持っていた気持ちを,いつまでも持ち続けることです.
あと,僭越ながら「子どもが好きで指導がしたい.教員に絶対なりたい」という気持ちだけでは教員になってほしくありません.もっと大事な気持ちがありませんか?今見つからなくてもいいので,もう少し自分の心のなかを探してみてください.④



Q.レクリエーションのような、なごやかなふんいきのときも きっちり注意しますか。

A.この質問がいつ来るのか首を長くして待っていました.この授業を受けてもらって考えてほしい重要なことの一つです.私であれば「きっちりと注意」します.しかし,この場合の注意の仕方(つまり,叱り方,怒り方というのでしょうか)は慎重に選ばなければなりません.と同時に,こうした注意の仕方を選べる教員になることが重要なことなのかもしれません.「言うは易く行うは難し」の典型的なテーマです.この紙面では伝えきれない部分ですし,大学で授業を受けたからと言って解ってもらえるものでもないのかもしれません.教員やスポーツ・運動指導者として永遠に考え続けなければならないテーマの一つです.④



Q.授業を受けるとき,先生は一番何を気にしながら指導していますか?

A.「授業をするとき,」でしょうか.
この授業に限らず,当初の(シラバスの)授業の目的を達成することを気にしています.以前は「楽しんでくれている」とか「ウケが良い」といった,その場の雰囲気を気にしていましたが,それは学生に迎合したことでしかありません.授業を受けた学生が成長してくれなければ意味が無いと思っています. 1回の授業でみなさんは何千円も払っているわけですから,その分の学びを提供しようと考えています.1回何千円も払って「授業を受けて楽しかった」では虚しいと思いませんか?何かと「高い」と文句が多いテキスト1冊よりも,たった1回の受講料の方が高いのですから.③



Q.質問がない時はどうすれば良いですか?

A.勉強してください.しっかりと授業を観察してください.普段から疑問をもって大学生活をしてください.私が皆さんから回答ではなく質問を書いてもらっているのは,問題を解く力ではなく,問題を見つける力を身につけてほしいからです.私は,良い回答ができる人よりも,良い質問ができる人の方が良い人材になると考えています.①


実際,鋭い質問をする学生は優れた学生であることが多いです.
でもこれ,秀才とか優等生とは違うんですよ.
頭いいのに,なんでこんな質問しか出せないの?という学生もいます.

このやり方は採点が主観に満ちますが,なんだかんだで有効な方法だと考えています.