2012年12月20日木曜日

大学やめます

ちょっと前から【自己紹介】のところに書いてあった,「近々,重大発表を予定している」について,発表します.

タイトルにあるように,
私,今いる大学を辞めることになりました.

関係ない人にとっては関係ない話であることは当たり前ですが,関係のあった人にとっては関係のある話でして.

そんなわけで,来年4月からは「関西在住の大学教員」ではなくなります.
【自己紹介】の大幅な変更が必要です.


今しがた,学科長に退職願を持ってご挨拶.
そしたら「学長に渡して」ということで,学長に提出.

こういうのの手順て,はっきりあるわけではないので出たこと勝負です.
「あのぉ,退職願を出したい時は,この大学ではどういうふうにすればいいですかぁ?」
なんて聞けないですからね.

「退職願」って封筒に書いた時,けっこうドキドキします.
ところで,中身はどうしよう.と思っていたら,学内提出用書類の書式に「退職願」ってのがあるようで,それに書いて入れときました.

時期が時期だしなぁ.
後任人事が大変なんだろうなぁ.
変な罪悪感もあったりします.


まぁ,これからは一緒に,お酒飲んだり,フットサルやったり,無意味な行為を楽しんだりする方々がだいぶ少なくなりそうですね.

そうは言っても,国内にはいますので,またどこかで同窓会めいた会を開きましょう.

詳細は直接お会いして話しますので,変な話として広めないようにお願いします.

「女子学生に手を出しちゃった」とか「研究費を横領してた」とか,この私に限って,そういうことはありませんので.


この度の私の異動には以下の記事の内容が少なからず関係はしておりまして,こういう背景があったので異動するというのもあったりします.

反・大学改革論
反・大学改革論2(学生からの評価アンケート)
反・大学改革論3(学生はお客様じゃない)
反・大学改革論4(喜んでる教員)
大学について
大学について2

異動を決心し,佳境に入った下半期における一教員の「ぼやき」,否,「叫び」です.

あと,大学教員になるための方法をバージョンアップしようと思います.
今年の転職活動で得たことがいろいろありますので.

ちなみに,とにかくどこかの大学に引っかかりたい,というのであれば,過去の記事である,

大学教員になる方法
大学教員になる方法2
大学教員になる方法3

を,それぞれ参考にしてみてください.

そうは言っても,そこがどんな大学なのか推測しておきたいのであれば,

こんなホームページの大学は危ない
こんな挙動の教員がいる大学は危ない

をご覧ください.

では,
取り急ぎご報告まで.