2013年7月27日土曜日

腰パン赤Tの本懐

 記事のネタがなくて困っているのですが,あんまり長いこと書かないのもなんなんで,とりとめのない話ですがしてみましょう.

ここ数日は大学がテスト期間なので,学生が緊張感に包まれているのとは裏腹に,私達としてはのんびりできる期間でもあります.

今日もゆっくり仕事を終えて帰っておりますと,ちょっと面白い状況に出くわしました.
狭い道路幅・交差点,歩行者信号付きの短い横断歩道,見通しの良い場所,案の定の通学路.
たいていの人が,車が来てなければ信号無視して渡るであろう,“よくあるポイント”です.

自転車でそこに差し掛かろうとする私,
赤信号,
車は来ていない.
さて,どうしたものか.


いかにもヤンキーな少年が横断歩道の前にいるではないですか.

今どき,これでもかというほど下げた腰パン,
そしてYシャツの下は赤Tシャツ,
茶髪のツンツン頭,
かったるそうにバッグを肩に掛け,
イヤフォンで音楽聞きながらガムを噛む.

・・・完璧である.
これ以上形容しようのない,まさしく不良少年(もう死語か?).

だがこの少年の様子がおかしい.

待っている・・,待っているぞ!
信号が青に変わるのを!

周りには私しかいない.
私と君とは縁もゆかりもない.私がガッコのセン公に言いつけるわけなんかない.

なのになぜだ!?なぜに信号を無視しない!?
君のような不良少年は,堂々と信号無視をするものである.むしろ,青信号で渡らず,赤でこそ渡るのが君達不良の本懐ではないのか?

君の腰パンと赤Tが泣いているぞ.
さしずめ銀行に目出し帽でショットガンを持って入店し,
「すみません.こちらの口座まで振込をお願いします.はい.私の名義で結構です.あっ,印鑑とかいるんですか?」
などと普通に手続きして帰るようなものである.

さあ,
なにをためらっている少年!渡れ,渡るのだ.その腰パンと赤Tの名誉にかけて!

でも・・・・,
しっかりと待っている.律儀である.
5mほどの空間をあけ,向き合う私と少年.
20秒ほどでありましょうか.長く感じます.

その間,1台の車も通らない.せめてピザ屋の原チャくらい通ってほしいものです.

思わず笑いそうになったので,顔をそむけてしまいました.
というか笑ってました完全に.

そして,交差点によくあるピヨちゃんの鳴き声と共に歩みを始める少年.
残念です.