2015年5月17日日曜日

大阪都構想:住民投票の結果

本日,大阪市で行われた住民投票の結果が出たようです.
とりあえず,結果はこれで良かったと思います.

前回の記事ではないですが,多くの大阪市民が科学的に物事を捉える態度を示せたということですので.
まずはこのジュリアナ東京的な騒ぎが静まることに一安心です.
良かったです.と同時に,さすが浪花節,やっぱり大阪人は東京人よりは賢いと思いました(でも,“マシ” という意味で).

ただ,逆に言えば大阪でも少なくない人々が
「今のままならどうせジリ貧なんだから,このシステムを大きく変えてみよう.今よりは良くなるはず」
などという,冷静になって考えれば失笑モノの発想で投票に向かったことを推察できる結果でもあるわけです.

だいたい,他の政令指定都市,市町村で問題になっていないことが,なんで大阪市では問題になるのか.おかしいでしょ.
それに対していきなり「都構想」とか・・,もうね,論理的,科学的に考えたらイミフーなことですよ.賛成派だった人々も,これを機会にもう一度「現実に目を向け,今出来る事をやり切ってみる」という姿勢で大阪市のことを考えてもらえればと思います.

もう一度言いますが,他で出来ているんです,大阪市で出来ないということはないのです.
(逆に言えば,それでも大阪市で出来ないと言うのであれば,それは大阪市の皆様がアホやということを示すことになるのですから)

まあ,確かに大阪市の問題点がいろいろと表に出てきた機会ではあったと思います.
もちろん,「それが本当に問題なことなのか?」は問題にするべきだとは思いますが.

過去記事でも繰り返していますけど,
「私にとって不都合な状態が展開されるのは,きっとその裏で都合よく生きている人がいるからだ」
と考えて,
「だったらそういうシステムを変えてしまえば上手くいく」
とか,仕舞いには,
「都合よく生きている奴を叩けば上手くいく」
いう発想になるのは,まともな人間ではありません.

いろいろなところに配慮しながら進めるのがまともな政治です.
気がついた時に「あ,昔と比べて変わってきたなぁ」と感じるくらいが調度よい変革なのだと思います.
その身で体感するほどの変革は,どこかに歪みや闇を作っているはずです.

関連記事
『Deus ex machinaな日々』とは何か
東京人と中国人はよく似ている