2015年9月21日月曜日

危ない大学における万葉集

世間は連休に突入しましたね.ですが,我々にとっては関係ないという人も多いのではないでしょうか.
さて,前回まで危ない大学における格言集を書いてきましたが,今回は「万葉集」ということにして短歌を作ってみました.

短歌の調子に言葉を乗せると,不思議なことにその情景が活き活きと浮かび上がってくるものです.
危ない大学に奉職している方々にとっては,感慨深く聞いていただけることかと思います.

もし「危ない大学」なるものを知らない人が読んでも,これらの歌は伝わらないことでしょう.これは本当の万葉集とて同じことです.
そのような方は,本文末に危ない大学に関する記事を用意しておきましたので,そちらで事前勉強しておくと良いでしょう.


お題:学生募集
OCと 略してみればビズ用語 されど所詮は オープンキャンパス

OCの ためと諦め着ぐるみに 汗ばむ我が身を 笑う学生

あけぼのに 集う職員学び舎に 今日はOC満ちるリビドー

今だけと いつもクーポン発行し 持たぬ者でも結局割引

A4に 一枚まとめて並べても 余計に目立つ 本学の粗

パンフには 載せても見る者いないよと アカデミックな理念と思想

交通費 出せば来るはず来場者 来たら彼らにお土産を

大学の ことを真面目に考える 奴こそ見ないよウェブサイト

誰が見る クラブ情報最新ニュース 頻度上げろと無理矢理更新

これは何 入試のページに目がかすむ 数多の方式我も分からず

三月の 末に掻き込み浪人の 予備軍まとめて本学に囲え

来る所 避けるが身のため大学の 客引きすなわち高校訪問

無能ほど 誇る話術と営業手法 それを学術いかせば良いのに

ジャンケンに 負けて向かうは県外入試 喜ぶ相棒横目に車中


お題:バスの運転
バスゆかば 大事が小事に思いけり 我はこの地で果てる定めか

嵐でも バスに乗り込み学生を 送り届けて 虚しく誇る

エンジンが 性能アップだスピードが 坂になっても落ちず嬉しき

事故っても 全ての責任我にあり よく見りゃ書いてる契約書

ハンドルを 握るその手に学生の 命あるぞと言われ発狂

大橋に 向かえば高鳴る胸の内 風に吹かれてハンドルが逝く


お題:学習環境の充実
書き方を 教えたところで書かせれば 覚えていないと なぜか恨まれ

ラーニング コモンズ作れど学生は まどろみ充電 眠珀の雫

意味のない 資格の山を築き上げ 追われる業務も築き上げ

質問紙 授業を評価と奮発し残業疲労が蓄積し

役立つ知 それが大事と張り切る師 オススメ教材写メのクラウド

諦めて ビジネススタイル取り入れた 喜ぶ学生死ぬ未来

成果出ず 高額予算がドブの中 されども止まぬ改革の囃子

グローバル 蚊帳の外だと思いきや 我らも取り組め無茶ぶりの理事

改革は 強い大学いじめるために 始めたはずだと思っていたのに

FDが 必要なのはお前らだ FD担当浴びる視線は

現場肌 だったら来るなよ大学に 授ける場所が違うだろ


お題:日常
校訓を 声張る喜ぶ理事長を いつか◯すと横目に誓えば

異常なし そんなわけないもっと見ろ なんで異常が正常か

稟議書が こたびも止まった学会の 正規出張来るかその日は

繋がりが 強くなりけり職員室 代わりに失する研究の風

鳴る電話 今直ぐ出頭子の刻に 以後の方針謳う理事長

昼食えば 鐘が鳴るなり さあ掃除 今日は廊下で明日トイレ

研究が 禁止であれども論文は 書けと言われて書ける我

努めれど 望めぬ残念我が力 なれば高めよ間者の道を

金魚のフン 言われる時間は長くとも 最後に笑うぞ今は耐え時



関連記事
危ない大学におけるバスの想ひ出
大学について
大学について2
反・大学改革論
反・大学改革論2(学生からの評価アンケート)
反・大学改革論3(学生はお客様じゃない)
反・大学改革論4(喜んでる教員)
こんな挙動の教員がいる大学は危ない
危ない大学に奉職してしまったとき「厄介な教員対策」
こんな大学の教員は危ない part 1