2016年1月3日日曜日

真冬のオリオン

前回に続き,正月の星空撮影です.

今回,ポータブル赤道儀「ポラリエ」というのを購入しまして,それで本格星空撮影に挑むことにしたのです.
赤道儀というのは,地球の自転に合わせてカメラを回転させる装置です.これで撮影すると,シャッター時間が長い星空撮影において,星がブレるのを抑えることができます.
ただ,そのセッティングが少しコツがいりまして.その練習のために,星が見えていたら撮影している今日このごろ.

セッティングにコツはいるものの,機器の操作はかなり簡単.
使用するのはこれで元旦に続き2回目ですが,かなり慣れてきました.

さっき撮ってきたものですので,いくつか御覧ください.
撮影地は自宅・庭です.

以下は真北に向けた一枚です.
中央右に写っているのが山に少し隠れた北斗七星,中央が北極星,その左にカシオペア座が見えます.
Nikon 1 V3というカメラを使ってるのですが,一眼レフと違ってややノイズが目立ちます.



次は南の夜空です.
中央右にオリオン座が見えます.その左を縦に流れる天の川を撮ったつもりですが,綺麗に映りませんでした.カメラの設定をもう少し工夫しなければいけないようです.


これまでは広角レンズです.

しかし,赤道儀の真骨頂は高倍率レンズにして撮った時です.
それが以下.
冬の夜空で狙いやすいオリオン座を被写体にしてみました.
中央の三ツ星と,その下にある三ツ星.それを取り囲むように4つの星.オリオン座です.
さすが赤道儀,高倍率の長いシャッター時間(1分)でもブレません.嬉しくなります.


気を良くしてさらにズーム.
オリオン座の三ツ星の部分をアップにして撮りました.
ここまでズームすると(1 Nikkorで100mm),三ツ星に垂れ下がるようにつらなるオリオン大星雲が,本当に星雲であることが分かります.
機会があれば,さらにズームで撮影してみたいところです.


とは言え・・.
カメラで撮影するのもいいですが,やはり肉眼での星空が一番気持ちいいですね.

子供の頃はこの空が当たり前だったので,なんとも思っていなかったのですが.
今ではこの星空がどれほど貴重なものなのか,改めて感じている次第です.


赤道儀での星空撮影に興味がある方はこちら↓