2017年5月26日金曜日

「キャリーバッグのマナー」とか言い出す傲慢さ

最近,キャリーバッグ(キャリーケース,キャスター付きバッグ)に関するマナーを叫ぶ声がうるさくなってきました.
例えば,こんなウェブ記事があります.
キャリーバッグ、絶えないトラブル…100万円の賠償例も(IZA)

マナーやエチケットを批判するわけではないのですが,それを声高に訴える奴には嫌悪を覚えます.
ここは一つ,「正義は我にあり」とファビョっていきり立つバカに冷水をかけておく必要があると思うのです.

繰り返しますが,キャリーバッグ利用者の側に明らかな非のあるトラブルを擁護するつもりはありません.
ですが,キャリーバッグ使用方法のマナーやエチケットを,「非利用者」の感情と都合に合わせて拡大解釈されることが蔓延ることは避けたいところです.

例えば,以下のような無茶苦茶な話が成されています.
いずれも,ネットで出回っている「キャリーバッグ利用者への注文」です.
1)人混みでキャリーバッグを引きずるな
2)持ち手を長くするな
3)狭い場所(電車等)での使用は自重しろ
4)小さいキャリーバッグは不要だろ.
5)ファッションで使う奴が多過ぎ
6)日本にキャリーバッグは相応しくない
7)周囲の不快感に気づいていないのでは?

キャリーバッグにつまづいて危ない思いをしたとか,存在が邪魔だという類のコメントが出回っています.

私はキャリーバッグが行き交う場所をいつも利用していますが,どうやら皆さんより洞察力や判断力,危険予測能力や運動能力が優れているようなので,キャリーバッグ利用者を危ないと思ったことがないし,それによって迷惑を被った覚えも一度もありません.

ちなみに,私自身,キャリーバッグはよく使います.
最近は私もその「役回り」から外れてきたのですが,仕事で大きな荷物を運搬することもあって,キャリーバッグがないとやってられないという状況です.
あと,スノーボードやスキーの運搬にも専用キャリーバッグを使っているという背景があることを開示した上で,以下,私の主張です.

皆さん,ちょっと不寛容過ぎやしないでしょうか.
もちろん,キャリーバッグを利用している人すべてがそうとは言いませんよ.でも,キャリーバッグじゃないと搬送が大変な労力になるから利用しているという人は多いものです.っていうか,それがキャリーバッグを使う主な理由です.

つまり,そんな大変な思いをしているキャリーバッグを使っている人に対する配慮があってもいいのではないかという話なのです.
これは別に「キャリーバッグを使っている人が優先されるべき」などと言っているわけではありません.
キャリーバッグを使うような人なのだから,むしろその周囲の人達が気を使ってあげればいいだけではないか? と言っているのです.
これと似たような話に,ベビーカーの利用もありますね.あれも周囲の人達こそが気を使えば済む話です.

気を使ってあげてさえいれば,別に「迷惑」なものではないでしょう.キャリーバッグに迷惑を感じる,その感覚が私には危なく感じます.
こんなことにガミガミ文句を言うくらいだから,きっとストレスフルで不幸な日々を送っていることとお察しします.でも,自分の不満のはけ口を他人に向けていけません.
試しに,キャリーバッグを転がしている人を見かけたら,「大変そうだなぁ」と思うようにしてみましょう.それだけで,きっと心に余裕ができるはずです.ぶつけたり,つまづくこともなくなります.

それに,失礼ですが「キャリーバッグにつまづく」とか,どんだけマヌケなんだよと.
っていうか,そんなマヌケが街をほっつき歩いていること自体が危険ではないか?
認知能力に障害があるならまだしも,普通にしてて「キャリーバッグにつまづく」なんて,どこ見て歩いてんですか?

特に,大きなキャリーバッグ持って歩いているような人や,その他にも大きな荷物を背負っているような人であれば,周りに目が行きにくい状況下の人だということくらい分かりそうなものでしょう.だったら,こっちが注意してあげて,距離をとったり道を譲れば済むことです.

もっと言えば,そのキャリーバッグにつまづいたのにしても,あなたが歩きスマホしてたり,ボケてたからじゃないのか? キャリーバッグが通っている近くで図々しく立っていたんじゃないのか?

こんなこと言ってると,「ふざけるな! キャリーバッグを使っている方が気をつけるべきだろ!」とか言われるかもしれない.
はい,私はそれを否定するつもりはありません.何度も言うようですが,キャリーバッグ利用者の側に非のあることまで擁護するつもりはありませんし,キャリーバッグ利用者が優先されるべきと言っているわけでもない.

でも,多角的な配慮を欠いた議論をもって,ふんぞり返った態度で「俺が普通なんだから,お前が合わせろ」と断罪することは戒められるべきだと思うのです.