2009年2月12日木曜日

いよいよ卒論発表

卒論発表を2週間後に控え,いよいよ発表練習を始める学生が出てきました.
今日はその中の一組が,パワーポイントとプロジェクターを使って私達の前で練習です.
どれだけできているかを確認する意味でやってもらいます.

で,結果ですが,
なかなかよくできていました.
そりゃ初めてのことですから,修正ポイントが山のようにあるのはしょうがないですが,初めてにしてはよくできているというのが率直なところ.
昨年はとんでもないグループがいまして,今年もどうなるかと思っていましたので,これで一安心です.

ただ,もう一人が何も言ってこないのが不気味.根は真面目そうなので大丈夫だとは思いますが,早め早めに準備をしてもらいたいものですね.

といいつつ,私の卒論発表はギリギリまで先生にスライドを見せず,一通り出来上がったものを見せたのがたしか発表2日前.当然内容については修正山積みだから,そこからなんとかかんとか見れるものにして発表へもっていった経緯があります.
今思えばかなりヤンチャなことしてたんだなぁ,と.

それに比べれば学生達はよくやっています.

他の職場ではとても忙しい状況になっているのですが,私自身は結構のんびりしていまして,やらなきゃいけないこと,それはつまり論文書く作業のことなんですが,そのペースが急降下.アイデアがなくってホトホト困り果てています.
この部分つっこまれたら反せねぇなあ...,と,なんとか事実隠蔽できるもっていき方を考えているのですが難しい.かれこれ半月くらい手についていません.そろそろ諦めておもいきって出しちまうのも手かなと.

そんなこんなで,ずっと悩んでてもしょうがないので,こういう時は別のことするのが一番と,この一週間は時間を見つけてはファンタジーな世界に没頭していました.ちょうど 「ファンタジスタの会」 があったのが一週間前ですしね.

結構売れてるらしいんですよ,「XXXX」がよくわかる本 シリーズ.
「世界の神々」がよくわかる本を筆頭に,神獣,モンスター,天使,悪魔,伝説の武具,聖人,魔人,魔法,アイテム,美女,悪女と,いろいろまわってみました.ファンタジーでしょう?

面白かったのが美女を取り上げたやつ.この人美女か?と疑問なところもありますが,有名人(セレブ)としてみればそれで良しか.
どうだろう.どの人が魅力的でしょうか.この中で選べってなったら個人的にはアンケセナーメン(古代エジプト・ツタンカーメン王の妃)に落ち着きます.だって “まとも” そうだもの.
ジャンヌ・ダルクとか精神がイッちゃってる気がするし,清少納言とかプライドが高そうだし,サッフォーとかエロ過ぎるし.
ちなみに私,ファンタジスタな美女なら知ってますよ.

ウケたのが 「魔人」 としてヒトラーを紹介してたやつ.魔人ねぇ...まあ,ある意味.
ちなみに私,ファンタジスタな魔人も知ってますけど.スサノオ(仮名)っていいます.

とりあえずここら辺でファンタジーな世界とは決別して,明日から悩み多き論文パズルの世界に戻ります.
全然アイデア浮かばないけど,それもまた人生.なるようになります.