2019年7月15日月曜日

パノプティコンの教室

前回の記事で予告したように,今回は「いじめ問題」における,
「パノプティコンと学校」
について取り上げます.
【大学教員になる方法】哲学の基本はおさえておきましょう

その記事では,飲茶 著『正義の教室』を参照しながら,現代における「正義とは何か?」について,その一筋縄ではいかない現実を話ししました.


この本は小説スタイルで哲学「正義論」を解説してくれています.
具体的で身近な「正義の現れ方」を確認しながら,正義とは何かを学ぶことができます.

正義には大きく3タイプが存在し,それぞれストーリー仕立てで確認していく構成になっています.
自分だったらどの正義に共感できるかなぁ?
という感じで読んでいくことができますし,いずれの正義にも致命的な欠陥が見つかっていることが明かされます.
「自分の正義」を批判的に捉えることができるという意味で,名著と言えます.


前回は,その3タイプの正義について取り上げましたが,今回は,本作中に出てくる,
「いじめ対策のためにパノプティコン・システムを取り入れた学校」
を論じてみたいのです.





パノプティコンと学校


本作『正義の教室』は,高等学校における「生徒会活動」と「倫理の選択授業」を中心としてストーリーが展開されます.
そしてこの高校は,最近「いじめ自殺事件」が発生しており,それに適切に対応できなかった学園理事がマスコミや世論から糾弾され,その反動から「パノプティコン・システム」を学校に取り入れた,という設定になっています.

パノプティコン・システムとは,学校のあらゆる場所に監視カメラを設置し,生徒間の「いじめ行動」を監視するというものです.
しかもこの監視カメラは「ウェブカメラ」となっていて,リアルタイムにネット配信されているという代物なのです.

より詳しくパノプティコンを知りたい人はウィキペディアを御覧ください.
要点について,以下に引用しておきます.
パノプティコン、もしくはパンオプティコン(Panopticon)は邦訳すれば全展望監視システムのこと。all「すべてを」(pan-)observe「みる」 (-opticon)という意味である。イギリスの哲学者ジェレミ・ベンサムが弟サミュエルに示唆を受け設計した刑務所その他施設の構想であり、その詳細が記された『パノプティコン』が1791年に刊行されている。
パノプティコンは、円形に配置された収容者の個室が多層式看守塔に面するよう設計されており、ブラインドなどによって、収容者たちにはお互いの姿や看守が見えなかった一方で、看守はその位置からすべての収容者を監視することができた。
最初のパノプティコン型刑務所の建設はアメリカで建設され、この施設の設計思想は刑務所のほか、のちに学校や病院や工場などの施設に応用されることが意図されていた。 マザス監獄やレンヌ中央監獄などに代表される19世紀フランスの監獄建築で、獄房に収監された囚人がいつ看守に監視されているか、いないのか分からないままに、すべての方向から監視されているという監獄建築。ミシェル・フーコーが『監獄の誕生 監視と処罰』で、それを転用して、社会のシステムとして管理、統制された環境の比喩として用いた。
パノプティコン方式の監視システムの図
パノプティコン(Wikipedia)


つまり,常時監視状態にすることでトラブルを未然に防ぐことができるというもの.
パノプティコンの多くが「刑務所」に用いられていることから,悪人同士のトラブルを発生させないためのシステムだと考えられていますが,それは違います.

考案者のジェレミ・ベンサムは,犯罪者に限らず,人はしっかりとした監視下におけば,公共の福祉に貢献できるはずだと考えていました.

例えば日本では,
「マイナンバー制度をもっと推進させて,所得や納税情報を完全管理できるようにすればいい.むしろこの方式に反対しているのは,何か違法商売や犯罪を計画している奴らだ」
という主張がありますよね.
これは典型的な「パノプティコン」の思想と言えます.
つまり,ベンサムが論じた功利主義(最大多数の最大幸福),その延長線上にある社会主義・共産主義の思想から発生したものです.


生徒が活動する敷地内をすべて「パノプティコン」にした学校では何が起きるのか?
本作中では,当初はマスコミや世論だけでなく,生徒や保護者からもクレームと非難轟々だったのですが,そのうちこの監視カメラに生徒間の「いじめ」が録画され,その様子がネットで曝される事件により,風向きがガラッと変わります.

カメラに実際「いじめ」の様子が映っているのですから,加害者は言い逃れできません.
このカメラはマイクがついているので,中傷や暴言もバッチリ入っています.

この映像証拠をもとに学園は,加害者・生徒に反省指導をさせ,その状況も逐次ネット配信したのです.
そのことが世間からの評判を呼び,むしろ,
「この学校と同じように,全国の学校でパノプティコン・システムを取り入れよ!」
という主張がみられるようになった,というのです.

私はこれを小説による奇抜な設定で,現実にはならないとは思えません.
実際,どこかの学校が同じようなシステムを取り入れて,同じような成果を発表すれば,おそらく日本社会は類似した反応を示すと思います.





学校をパノプティコンにできるのか?


実は,学校をパノプティコンにするハードルは結構低いんです.
まず,学校敷地内は誰かのプライベート空間ではありません.
監視カメラが無くたって,誰かの目がある空間なのです.

それに,学校は人の目を盗んで何かしていいところでもありません.
誰かに見られてマズイことをする方がおかしい,という理屈が通ります.
トイレ裏でタバコ吸ったり,体育館倉庫でイチャついたり,放課後の階段の踊り場でキスすることに青春を感じる時代ではないということです.

さらに,本作中では「リアルタイム・ネット配信」をしていることになっていますが,そこまでしなくても,単に「監視カメラ」であればいいのです.
それを大容量記憶装置に撮り溜めていき,必要に応じて学園が利用すればいい.

2019年現在は,マンションや街頭,場合によってはトイレまで,街中のあらゆるところに監視カメラが設置されています.
しかし,約20年前まではどうだったでしょう?
現在30代以上の皆様ならご記憶もあると思いますが,かつての日本では,一般的な街頭に監視カメラを設置することへの抵抗は凄かったことを覚えておいででしょうか?

私見として,その潮目が変わり出したのが2000年初頭.
象徴的なのが,2003年の映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ』で,警視庁が非公式に街頭に監視カメラを設置する描写がありました.
これについて劇中でも「街中に監視カメラはヤバいでしょ」というセリフもあったりするので,2003年頃はそういう時代だったのです.

しかし,犯罪抑止・解決に監視カメラが活躍したこの映画について,「いくらなんでも街中に監視カメラはダメだよね」という評価は非常に少なかったですね.
このあたりから,「街中はプライベートな空間じゃないんだから,監視カメラはOK」になってきたと言えます.

ですから,街中の監視カメラと同様,学校においても「いじめ問題」や「教師の不適切指導」を摘発することができる学内監視カメラは,ネガティブな影響よりもポジティブなものが多い,という評価がつく可能性は非常に高い.

本作中で監視カメラが「リアルタイム・ネット配信」という設定になっているのは,もしかすると昨年話題になった「Youtubeライブ配信している弁当屋」が元ネタかもしれません.
そのニュースの概要はこちら.
売場をネット生中継で万引き激減 物議起こるも店長が取材で反論(ライブドアニュース 2018.10.15)
東京都江東区内の弁当店「キッチンDIVE」が売り場の様子をユーチューブ上でライブ配信し、ネット上で反響を呼んでいる。
プライバシーの心配も出ているが、伊藤慶店長(35)は、J-CASTニュースの取材に対し、「店頭で配信中と掲示をしており、店を利用しなければプライバシーは守られるはず」だと説明している。
「YouTubeLiveにて生放送中!」との貼り紙
大きなテーブルの上に様々な弁当がズラリと並び、店に入った客が品定めしている。ライブでぼかしも入っておらず、顔ははっきりと分かる。

「ライブ配信」に対するアレルギーがある人もいますが,よくよく考えてみればトラブルなんて起きません.
客にとっては,そこは他人が経営する「店内」.
そこでは普通に「客」をやっていればいいのだし,見方を変えれば,店員にとっても不適切な行動はとれないわけです.

これはちょうど,学校における生徒や教職員にも同じことが言えるわけです.
配信映像を悪用する学生や部外者がいたとしても,それに学校が毅然とした対応(動画の違法利用として対処)をするか,警察のお世話になってもらえば済むことです.

さすがにリアルタイム配信はリスクと批判があるかもしれませんが,学校の運営側が利用するところからスタートすることは可能なように思います.

それに,『正義の教室』の作中でも言及されていますが,
「この監視カメラは常に可動している必要はない」
という点が重要です.
それがパノプティコンの肝と言ってもいい.

ウィキペディアにあるパノプティコンの説明を,以下にもう一度引きます.
パノプティコンは、円形に配置された収容者の個室が多層式看守塔に面するよう設計されており、ブラインドなどによって、収容者たちにはお互いの姿や看守が見えなかった一方で、看守はその位置からすべての収容者を監視することができた。
つまり,監視される側は,監視者がそこにいるかどうか分からないため,常に,
「もしかするとあの窓から見られているかもしれない」
と考えることになります.
その結果,実際には見られていなくても,常に「その社会が円滑に進む行動をとる」ようになると考えられているわけです.

これは監視カメラでも同様です.
実際にはカメラが録画モードになっていなくても,
「もしかすると録画されているかもしれない」
と考える生徒や教師は,トラブルを発生しにくくなります.

同じことが,自動車道路のオービス(速度違反自動取締装置)にも言えますよね. 
私も関西にいた時には自動車を使っていましたので,知り合い同士で「阪神高速神戸線にダミーのオービスがあるらしい」といった話題が出ることもありました.
実際のところは赤い光(撮影時に発光)を受けても,フィルム切れで罰則を受けずに済んでいるというパターンらしいのですが,それでも「撮影されているかも」という恐怖は速度違反を抑止する効果はあるでしょう.




学校に監視カメラは良いと思うよ


現実的な話として,学校運営をしている教師の負担を上げずに「いじめ問題」を是正するためには,パノプティコンを取り入れることは有益だと思います.

むしろ,この現代日本においてパノプティコン以外に世間の要望に対処できる方法がないのです.
もっと言えば,昨今の「いじめ問題」に対するニュースや世間の声を聞いていると,これからは「教師が生徒を管理する時代ではない」ことを明らかに示しています.
そもそもの話をすれば,もともと教師が生徒を管理するものではなかったのですが,これまではそう思われていた.
そうした学校教育への共通理解(実際は一般的な理解)が瓦解してきたわけです.

では,これからの学校教育はどのように理解すればいいのか.


飲茶氏はこう述べます.
人間は,自分を支配する構造(社会システム)を,自らの意思で変えることも抜け出すことも絶対にできない.
(中略)
もはや人間が,『人間にとって正しい社会』を作っているのではない.社会が,『社会にとって正しい人間』を作っているのだ.とっくに主従関係は逆転してしまっているのである.
パノプティコンの思想にリアルタイム配信のテクノロジーが組み合わされることで,監視社会は「相互監視社会」へと発展する.
「正義」を振りかざすことができなくなった近現代において,いよいよ教育活動からも「正義」が失われる時代になりました.

しかし,それは悲しむことではありません.
正義が失われたこの世界で,人間が目指すべきは「善く生きる」ことなのです.
ゆえに,本作のタイトルは『正義の教室』,そのサブタイトルは「善く生きるための哲学入門」となっています.

そうです.
もう「正義」を考える時代ではありません.
「善く生きるとは何か? 」
そんなことを考えることが,これからの学校,ひいては日本社会に待っているのです.



関連書籍
     


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
正義の教室 善く生きるための哲学入門 [ 飲茶 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
史上最強の哲学入門 (Sun-magazine mook) [ 飲茶 ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)


関連記事
【大学教員になる方法】哲学の基本はおさえておきましょう
大学教員になる方法
大学教員になる方法「強化版」
大学教員になる方法「感想版」
大学教員になる準備

2019年7月13日土曜日

【大学教員になる方法】哲学の基本はおさえておきましょう

今さらながら,大学教員になる方法の記事を再開します.
だいぶ古いですが,過去には,
大学教員になる方法
大学教員になる方法「強化版」
大学教員になる方法「感想版」
大学教員になる準備
といった記事を書いてきました.

これから大学教員を目指す/着任した人の参考になればと思います.

今回は「大学教員なんだから哲学の基本はおさえてあげましょう」です.

「おさえてあげましょう」というのは,学生目線からです.
学術活動の基礎・基盤が怪しい大学教員と対峙する学生は不幸というもの.

意外に思うかもしれませんが,哲学的な対話が理解できる学生は,難関・Fラン問わず一定数存在します.
そして,哲学的な問いかけに対しトンチンカンな返答をする教員を,学生は鋭く見抜いて判別してきます.

それは本能みたいなもの.
教養レベルの高いものを判別する能力は,「学力」との相関はそれほど高くありません.
一般社会に出てみたら嫌でも思い知らされることですよね.
どこかに線引きがあるわけではないのですから,大学生にだってそれは当てはまります.

あなたが「ここの学生は勉強しないバカばっかりだから・・・」と見下しているようでも,実は一部の学生からは「この教員は薄っぺらい」と蔑まれている可能性もあるのです.
哲学的な議論ができる人かどうかは,アピールするものではなく滲み出てくるものですから.





哲学入門のオススメ書


元来,大学教員は哲学をする人です.
Ph.D.(Doctor of Philosophy)っていう称号を持っているなら尚の事.

実際のところ,大学教員にしても博士号取得者にしても「専門家」の域を出ない事が多いのですが,「大学」という場所で働くからには哲学の基本はおさえておきたいもの.
一般哲学から縁遠い人であっても,なんとかしてください.
それが学生のためにもなります.


私もかつてそう考えていましたので,研究員をやっていた頃から「哲学」について自分なりに整理しておきたいと思っていました.
ところが,「入門・〇〇」といった書籍を読んでみるものの,ぜんぜん入門じゃないっていう罠にかかること数多.

そして大学教員になってしまった2010年.
その時になって,ようやく出会ったのが飲茶 著『史上最強の哲学入門』です.
この本は過去記事でも「オススメ書籍」として紹介したことがありますが,ここでも再度推薦図書とさせていただきます.



何かって言うと周囲の人たちにもオススメしまくっているので,それで買わされた学生や後輩たちも結構います.

表紙が「マンガ」な感じがするので,それで格調高い本を買いたい人からは敬遠されている可能性がありますが,内容は至って真っ当.
西洋哲学2500年の歴史を一気に把握できる哲学入門の名著です.


実は,私としてはこっちの方がオススメ度が高い飲茶 著『史上最強の哲学入門・東洋の哲人たち』


これを読めば,
「ヤージュニャヴァルキヤ様,半端ないって!」
ということが分かるはず.

西洋哲学が2500年かけて辿り着いた境地に,インドのオッサンは2700年前に既に到達していました.

映画『剱岳 点の記』に,前人未到の剱岳登頂だと思って決死の覚悟で山頂に立ってみたら,実はそこに修験者の杖が落ちていた(かつて登頂者がいた),という描写がありますが,あれと似たようなものです.
人類にとって大きな飛躍だと思って月面に降り立ったら,そこにサリーとヨガマットが落ちてあるようなもの.

考えてみれば当然のことですけど,人類が哲学を始めて数万年になるのです.
たかだか2000年や3000年なんて誤差範囲です.

細かい話は,過去記事である,
究極のストレス・マネジメント術
を御覧ください.




正義とは何か? 哲学的考察


そんな哲学入門の傑作書を続けて書いてくれている飲茶氏ですが,このたび上梓されたのが『正義の教室』です.
さっき読了しました.
これも「正義とは何か?」を哲学の歴史から追ってくれていまして,非常に理解しやすい内容になっています.



これまた「マンガ」っぽい表紙なので,ご年配の方だとそれを気にする人もいるかもしれません.
しかし,内容は極めて真っ当です.

「正義」について,学園モノの小説スタイルで理解することができるようになっています.
飲茶氏によれば,「正義論」の歴史をたどれば,以下の3つに収斂されるとします.
そして,人々はいずれかの立場から「私の正義」を語っているのです.

(1)功利主義:平等の正義:最大多数の最大幸福
(2)自由主義:自由の正義:愚行権
(3)直観主義:宗教の正義:イデア

いずれの主義にも,それぞれの立場に正義があり,それぞれに問題を抱えていることが解説されます.


たとえば功利主義は,「最大多数の最大幸福」を謳い文句にする主義ですが,そもそも「幸福」を定量化できないのに,「できる」ことにして正義を振りかざすことで問題が発生します.
人によって,時代によって,状況によって「幸福」の大きさや質は変わるのに,「これが人間の幸せだ」という押し付けの正義なのです.
エリート的とも言えるでしょう.

功利主義の行き着く先が,一部の特権階級が用意した幸福をその他大勢が享受するディストピアです.
平等で公正な幸福を目指すことが正義と考えるこの思想は,社会主義と共産主義を生み出しました.


自由主義は,とにかく「人は自由である」ことを正義とします.
「他人の自由を侵害しない限りにおいて,自由である」ことを謳い文句にする自由主義のキーワードは,「自己責任」「弱肉強食」「愚行権(不幸になれる自由)」です.

自由主義の行き着く先が,現在の日本と言えるでしょう.
現在では「新自由主義」として政策が展開されています.

最大の問題点は,「自由」と言いつつ,その自由は「制限(用意)された中での自由」ということです.
サファリパークみたいなものですね.中の動物たちは,一見「自由」にしているようで,実はしっかりと檻の中.
そして,その「制限を用意する者(強者)」によって,他人(弱者)の自由は侵害されます.
これは自由主義が掲げている正義に反します.矛盾しているのです.

ちなみに,私は飲茶氏による「複雑な自由主義の解釈方法」について得心がいきました.
定義や範囲が難しい自由主義を,シンプルにまとめて解釈しています.
その解釈方法を知るだけでも,入門書としての価値があると思います.


直観主義は,「宗教的な理想や,伝統的な価値」を正義とします.
たぶん,世界中で最も多くの支持者を集める主義です.
「人を殺してはいけない理由など無い.理由は無くてもダメなものはダメ.それは人間が人間であるための条件だ」という直観主義は,絶対的な正義の存在を求め続けてきたのです.

しかし,そうした「宗教」や「伝統」に根ざした正義は,最も他者を不幸にしてきた歴史があります.
神の名のもとに起きた戦争.
民族意識によって発生した迫害.
「正義は我にあり」と考える人の多くは,自分が直観する絶対的な正義を振りかざします.
でも,そんな暴力的な行いが本当に「正義」と呼べるのでしょうか?


この「怪しい正義」を葬ったのが,あのフリードリッヒ・ニーチェです.
「神は死んだ」という有名な言葉は,「人が直観的に捉えた絶対的な正義」なるものがデタラメであることを喝破した言葉なのです.
ニーチェはその「デタラメな正義」の代表例として,キリスト教を取り上げて批判しました.
その主張については,ニーチェ 著・適菜収 訳『キリスト教は邪教です!現代語訳「アンチクリスト」』が手軽に読めるのでオススメします.


ニーチェによれば,「絶対的な正義」なんてものは存在せず,それは支配者や特権階級が自分たちの都合に合わせて作り上げたトンデモ理論なのです.
人間は誰しもが不完全で未熟です.
そんな不完全な存在が,絶対的なもの,完全なものなど認識できるわけがない.

それを言い出したら「功利主義」も「自由主義」も同じですね.
3つの正義論と主義は,いずれも各々が「これこそが正義」と考えるための理屈の上に乗っています.

ところが,ニーチェはそれらに対し「そんなものは存在しない」と切り捨てたのです.
こうして2500年におよぶ西洋哲学の「正義論」は,ニーチェによって強制シャットダウン,もとい,電源コードを引っこ抜かれて,現在に至ります.


そんな正義に対する哲学史を踏まえ,飲茶氏は最後に「これからの正義の話」を展開しています.
その正義とは.ニーチェ以後に勃興してきた構造主義とポスト構造主義からの捉え方.
その詳細については,ぜひ『正義の教室』を御覧ください.


ちなみに,この本のなかで「パノプティコンと学校」が取り上げられています.
実は,昨今の「いじめ問題」における学校側の対策として,まさにこの点を議論してみたいと思っていたところだったので,渡りに船でした.

次回は,この「パノプティコンと学校」について記事にします.



関連書籍
     

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
正義の教室 善く生きるための哲学入門 [ 飲茶 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
史上最強の哲学入門 (Sun-magazine mook) [ 飲茶 ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)




関連記事
大学教員になる方法
大学教員になる方法「強化版」
大学教員になる方法「感想版」
大学教員になる準備