投稿

注目の投稿

「大学生は遊ぶためにバイトしている」っていうのは平成バブル時代の話

イメージ
今はマジで生活費を稼いでいるので,オッサンたちはその認識を改めたほうが良い ここ数年,ずっとこのニュースが毎年出ています. 今年も「過去最低」を更新したようです. ■ 首都圏の私立大生 仕送り平均8万2400円で過去最低 (Yahoo!ニュース|テレビ朝日) 教職員らで作る団体は、首都圏の9つの私立大学で去年4月に入学した新入生を対象に家計負担調査を実施しました。  その結果、一月の仕送り額の平均が8万2400円で、過去最低となりました。  仕送り額から家賃を除いた一日あたりの生活費はわずか607円になります。 いまだに, 「大学生がバイトをしているのは,きっと,遊んだりブランド品買ったり,車買ってドライブしたり,旅行に行くためなんだろ.もっとちゃんと勉強しろ!」 などと言い出す人がいます. 時代錯誤も甚だしい. この21世紀にもなって,日本社会はそんな状態ではありません. 実際,定年間近な大学教員にそんな人が多かったりします. 「バイトする暇があったら,ちゃんと勉強したまえ!」 とか言って. あと,実は50歳前後の教員とかにも. 「大学生なんだから,もっとパーッと遊ばなきゃもったいないよ」 などと言ってたりするのがいる. そう言えば,大学のFD研修会とかで,「最近の大学生の実態」として取り上げられたことがあったんですけど,この手のデータを見て唖然とする教員がたくさんいました. いつも学生と接している大学教員ですら,大学生の実態をきちんと把握していないのです. 私達(アラフォー)の世代からでしょうかね. 大学生がバイトをするのは,マジで生活費(場合によっては学費)を稼ぐためだということが常識なのは. 共同通信のニュースに,ここ最近の大学生の仕送り金額がグラフとして出ています. ■ 私大生への仕送り、過去最低に 首都圏、コロナ影響で保護者減収 (Yahoo!ニュース|共同通信 2021.4.5) 画像:共同通信(4月5日) 私も2年前にこんな記事を書いています. お暇だったらこちらもどうぞ. ■ 大学生用:社会人(かつての学生)の苦労話は聞いてはいけない 言いたいことは,2年前の記事で書き尽くしている感があるので,そこからちょっと抜粋. すでに私が学生の頃(2000年代初頭)から,学生たちから「生活する上でお金が苦しい」という声はありました. そのたびに「俺達が学生

最近の「いじめ」事情について

いじめ問題を取り上げ続けているブログですから Yahoo!ニュースのモバイルアプリ版を使っているのですけど,そこでニュースタグの「テーマ」を選択できる機能があって,私もそのひとつに「いじめ」を選んでいます. そしたら,以前はそうでもなかったのに,ここ数年は毎日複数の「いじめ」をテーマ,キーワードにしたニュースが出るようになりました. 「いじめ」に関するニュースは,PVを稼ぐことができるコンテンツとして発展しているようです. 最近ではもっぱら, 「生徒や社員の自殺原因が,裁判で『いじめ』として認められたか否か」 とか, 「こんな『いじめ方』が最近話題になっている」 についてのものが多く,それまでに散見されていた, 「どうすれば『いじめ防止』ができるか」 といった類のニュースは消えつつあります. まあ,日本におけるいじめ問題なんて,そんなもんですよね. だいぶ前の過去記事でも述べたことがありますが, 「いじめ防止対策推進法なんてクソみたいな法律は,実際には機能しない」 という趣旨と,どうしてそうなるかと言うと, 「こんな法律や条例を作ったら最後,世間や現場は,何をもって『いじめ』と認定するか? いじめといじめではない境界は何か? といったことに終始するようになり,肝心要の『いじめとどうやって向き合えばいいか』が蔑ろになるだろう」 という話をしたことがあります. 例えばこんな記事で,それらしい事をしゃべってました. ■ 笑ってはいけない「いじめ防止対策推進法」 ■ やっぱり「いじめ防止対策推進法」が頓挫している|この法律を機能させるための改正の提言 で,現在. 本当にそうなっちゃってる,っていうことです. だからあれほど言ったのに. 「いじめ」という曖昧な問題を法律で扱うということは,教育現場と法律家にそういう影響と反応と対応を惹起させるということです. 当時の日本で,この点に警鐘を鳴らしていたメディアは少なかったですね. 教育現場からの警鐘はたくさん見られましたが,たいていの場合, 「現場の教員は,自分たちの都合が悪くなるから反対しているのだ」 という調子で軽んじられていました. 人間なんて,実のところ「いじめ問題」を改善することに興味はありません. 「いじめを解決したい!」 とか言っちゃって,実際のところはそうやって「加害者」や「犯人」などの悪者を,絶対的正義の立場か

映画「ランボー最後の戦場」みたいなことになってきた

イメージ
ランボーを見れば,その時代を映す「戦場」がわかる ミャンマーが大変そうです. ■ ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難 (NHKニュース 2021.3.29) 国営テレビは28日夜「停戦協定に署名している勢力の一部が協定に違反して軍の拠点を攻撃した」と伝え、南東部カレン州の武装勢力から27日に攻撃を受けたことを認めました。 そして「必要な行動を続ける」として、軍が武装勢力に対して報復を行っていることを示唆しました。 これに対しカレン族の団体は声明を出し、ミャンマー軍による空爆を受けて住民3000人以上が隣国のタイに向けて避難を始めたと訴えています。 こういうニュースを読むと,反射的に映画「ランボー最後の戦場」を思い起こします. ※今ならアマゾンプライムビデオで無料視聴できます. 1時間半という短い時間ですが,非常に濃厚な内容. もう13年前の映画ですけど,いまだにミャンマーではこんな事が起きているようです. 映画でも,このミャンマー軍に抵抗している少数民族「カレン族」の武装勢力というのが出てきますね. ランボーを見れば,その時代の「戦場」がわかります. そして,ランボーという一人の人物を通して,戦場の移り変わりを知ることが出来るのです. 第一作では,ベトナム帰還兵の戦場は「アメリカ国内」であり,その敵は同じ国民でした. 国民から「自由と正義のために戦ってこい」と言われてベトナムに行き,帰ってきたら「人殺し」と罵られ,仕事にも就けず,戦友たちは軍が使用した毒ガスの後遺症で死んでいく. そんな哀しい帰還兵の姿を,アクション映画として描いた傑作です. 思想家で哲学者の内田樹氏がどこかで述べていましたが, 「ランボーみたいな映画は,日本では作れない」 もし日本映画として,例えばイラク・サマワに駐留していた自衛隊員が,国や国民の意識・態度に対して怒りを露わにし,どこかの田舎町で銃を乱射して暴れまわったらどうなるか. おそらく,「不適切な作品」として企画が通らないし,作ったとしても,どこぞの右翼団体や保守活動家などが上映妨害を画策するのではないか,とのこと. アメリカが有する世界に冠たる「国力」の正体とは,愚かな判断をとってしまったとしても,それを自浄するだけの文化的素養が内包されているからだと,内田氏は言います. それに対し日本は,「国民が納得したから」

オフラインの雑談で「自殺」の話をするのは結構危険だ

イメージ
このコロナ禍で「自殺」の話がよく出てきたけど・・・ 経済を止めたら,コロナで死ぬより生活苦で自殺する人が増えてしまう. そんな話が昨年からずっと出てました. 実際,自殺者は増えたわけですけど. ■ コロナ影響か?2020年の自殺、11年ぶりに増加 : 女性と子どもの増加目立つ (Nippon.com 2021.3.24) そんなわけで,「コロナと自殺」は関心の高いテーマの一つになっています. そしてこれを,オフラインの雑談,つまり井戸端会議や茶飲み話にする人もいるのではないでしょうか. しかし,これは結構な勢いで地雷になるので注意が必要です. ご案内の通り,もともと日本は自殺大国です. 特に若年層の死因のトップが「自殺」という,非常に不名誉な社会といえます. ■ 若い世代の「死因トップが自殺」はG7で日本だけ : 未成年自殺率、最悪を更新 (Nippon.com 2020.11.6)  年代別の死因順位をみると15~39歳の各年代の死因の第1位は自殺となっている。15~34歳の若い世代で死因の第1位が自殺となっているのは、先進国(G7)では日本のみであり、その死亡率も他の国に比べて高いものとなっている。 表: 若い世代の「死因トップが自殺」はG7で日本だけ : 未成年自殺率、最悪を更新 より 年間約2万人. 人口10万人あたりにして約20人です. そんなこともあって,たまたま「あなたの親しい身内」に自殺者がいないだけで,実は身内に自殺者を抱えている人って日本にはかなり多いわけです. 私の仕事場でパートをしているオバちゃんたちも,休憩時間のティータイムで,「このコロナ禍で自殺者が増える」「経済を止め過ぎると,自殺する人が出てくる」という話題に触れたことありまして. で,そのなかの一人が,若い人の自殺を主題にして雑談に花を咲かせていたのですけど. しかもその話題というのが, 「主な自殺原因は何か」 とか, 「自殺した方が幸せなこともあるだろう」 とか, 「どんな自殺方法だったら苦しまずに済むか」 ってことだったんです. ちょうどその頃は,三浦春馬さんや竹内結子さんの自殺がニュースになっていた頃でしたし. でもね,実は,そこにいる従業員の一人に,娘さんを自殺で亡くしている人がいたんです. その自殺した人っていうのは,私の従兄弟叔母にあたる人でもあります.二十歳頃のことだっ

忘れられない不思議な人々(14)80歳の暴走族

イメージ
高知県南西部にお車でお越しの際は十分にご注意ください 交通ルールは全国共通のはずですが,それでも日本各地の事情によって発生する「ローカルルール」なるものがあります. ■ なぜご当地ルール誕生? 全国に点在する「ローカル交通マナー」の実情とは (くるまのニュース 2019.5.14) 城下町の交通事情から生まれた長野県の「松本走り」。交差点での極悪な右折方法が特徴です。 (中略) 松本走りがこれだけ右折に命をかけているのは、城下町ならではの込み入った道路事情、狭い道幅のせいだといわれています。 混んでいるときは、次々に迂回路を求めなくてはならなかった結果、これほどまでに右折に命をかけるようになったそうです。 他にも,ご当地のトラック業者の運転手が,その地域のローカルルールを形成した時代があったという人もいます. 「右折優先」が多い地域とは,土木建築トラックの運転手さんが,狭い田舎道で渋滞を緩和するために配慮して,右折待ちの人に向かってパッシング合図して右折させてあげていたことが発端となり,そのうち「右折させてくれるのが当たり前」だと図に乗ってきたことがローカルルールとなったという説です. さて,私が住んでるこの地域は,国道以外は道幅が狭く,ほとんどが農道なのでセンターラインは皆無です. よって,自動車同士のすれ違いが大変です. そんなこの地域では,自動車の運転にもローカルルールがあります. それは, 「女性は待つ.男性が道を譲る」 です. すれ違いの際,その運転手が「男と女」だった場合,男性側が道を譲るために工夫をこらすことが求められます. 女性が乗っている車の方が,避ける上で有利な地形かどうかは関係ありません. 男性が避けるのです. その間,女性ドライバーは待機します. え? 女性同士だった場合はどうなるのか? ですって? その場合,静かなメンチの切り合いが発生します. どっちが譲るのか,お互いが睨み合って空気を読むようです. もしあなたが男性で,この地域にお車でお越しの際は十分にご注意ください. 相手が女性ドライバーだった場合は,「不慣れな道だから」などという言い訳はできません. 男性であるあなたが頑張らないといけないのです. さらに,ドライバーが女性であっても,これが御高齢の女性,つまりババアだとさらに厄介です. ババアたちは「待機」しません. そのままアクセル

忘れられない不思議な人々(13)外国における関西のオバちゃん

イメージ
よそでもよく聞く話だと思うけど,私も遭遇したからお話ししますね 関西のオバちゃんあるあるネタとして有名ですが,私も実際にその現場に居合わせたことがあります. いわゆる, 「関西のオバちゃんは,外国に行ってもマイペース」 というやつ. 海外旅行や国外渡航が制限されている今ですから,逆にそんな話題をしてみることにしました. オランダに出張した帰りのことです. スキポール空港で搭乗口に向かっていると,途中のお土産売り場で異様な空気が流れていました. 明らかに海外のそれとは違う,濃厚おたふくソースと,タンスにゴンの匂い. 実際にその匂いがしたわけじゃないけど,雰囲気がね. あれ? 私は今,心斎橋筋商店街に来たのかと. いや待てよ,たしかオランダ・スキポール空港だったはずだけど,って思う,そんな感じの. この小さめのお土産店は,コテコテの関西弁を操る年配女性の大群に取り囲まれており,さながらバーゲンセールを楽しむかのよう. これが関西のオバちゃんの群です. どうやらツアーかなにかで来ているらしい. こんなところで関西のオバちゃんの群に出会えるとは思ってもみなかったので,サバンナでヌーやトムソンガゼルの群に出会ったようなものだと考え,私もお店に入ってその生態を観察してみることにしました. とにかく,うるさい. メッチャうるさい. おそらく,このオバちゃん達一人一人はそうでもないのでしょうが,群れたとたんに声がデカくなる. 態度もデカくなる. 気もデカくなる. このお土産は誰それに買っていくだの,これは高過ぎるからやめた方がいいだの,大声でギャーギャー喚き散らしています. そのうち,一人のオバちゃんが, 「これ,なんぼやろ?」 と言い出した. 気になる商品のようですが,価格が分からないらしい. 私もそれとなく棚をチラ見したのですが,たしかに価格が表記されていない. 商品のどこかに貼り付けてあるのかもしれないのですが,見つけられないようです. オバちゃんが4人くらいであーだこーだと悩んでいるうちに,その中のオバちゃんの一人が, 「ほな,私が聞いて来たるわ.あの店員さんに聞いてきたろ」 ということになりました. そのオバちゃん,レジにいた学生バイトみたいな男性店員のところにツカツカと寄っていき, 「兄ちゃん兄ちゃん,これ,なんぼ?」 って聞いたんです. 出た. 関西のオバちゃん名物「

忘れられない不思議な人々(12)カラオケに行く人

イメージ
先日,「私はポップミュージックをあまり聞かないんですけど」っていう記事を書いたんですけど・・・ この自己紹介系の記事ですね. ■ 私はポップミュージックをあまり聞かないんですけど そこで,「私はカラオケに行かない」「歌わない」ってことも述べました. こんな内容です. カラオケに誘われても歌わない,もとい,“歌えない” のです. 「音楽くらい聞いたことあるでしょ?」 って言われても,マジでホントに知らない. こういう私みたいな人は,実は一定数存在していますが,この趣味の違いの分断は,大きい割に見えにくい. それでも「ポップミュージックを嗜む層」が大勢を占めているので,まるでポップミュージックを知っていることが当たり前かのようになっているのが,肩身が狭いですね. 私が最初勤めてた大学職員を辞めて,とある別の大学教員として赴任することになった際,周囲の皆さん,特に大学院の後輩たちが送別会を開いてくれたんです. あれももう10年以上前の話になっちゃいました. このブログを書き始めた頃ですから. 飲み会,二次会とハシゴするまでは良かったんですけど,そのうち, 「最後ですから,せっかくなのでカラオケに行きましょう!」 と盛り上がってきて,飲み屋の近くにあったカラオケ店に行ったのです. 私としても,これだけ盛大に送り出してくれるんだから,ここで断るのもナンダカなぁと思ってしまい,とりあえず付き合ってみたんです. 当然,私は歌わないし,音響の悪い部屋で素人の歌を聞いても嬉しくないし. がんばって盛り上がってる雰囲気を出すことに疲れる. 当然,そんな私の様子を,後輩たちも気がつくわけで. しばらくしたら,「じゃあ,そろそろ」と言って店を後にしたのです. 彼らには悪い事したなぁ・・・,って今でも時々思い出します. あぁいうのって,きちんと断るべきなのです. 後年,人数合わせの合コンに誘われることがあって,その二次会で「カラオケに行こうぜ!」って話が持ち上がった際には,こりゃマズいと思ったので,きちんと断って先に帰りました. 「ノリが悪い」と思われたようですが,そのまま付いていったらお互いのためになりません. 大学教員の仕事をしていると,カラオケに誘われるってことは,ほとんどありませんでした. もともと,学者や研究者にはカラオケが嫌いな人が多いと思う. 民間企業から転職してきた人や,役所

ベーシックインカム ≒ とりあえず国民全員に生活保護を配っておくこと

イメージ
新型コロナ騒動で,生活保護が注目されていますけど・・・ 我が国の総理大臣も,そんなこと言ってました. ■ 菅首相「最終的には生活保護も」 コロナ禍の“困窮”対策きかれ... (YouTube|FNNプライムオンライン 2021.1.27) この菅総理の発言に対し,いろいろと批判的な意見が出ています. ■ 菅首相「最終的には生活保護がある」は何が問題か あまりに受けにくく自死に追い込む日本の生活保護制度 (Yahoo!ニュース 2021.1.28) つまり、生活保護を受けたくても窓口で追い返される事例が散見されている。 厚生労働省も厳しく「水際作戦」をしないように再三戒めているが、効果が見られない。 要するに、日本の生活保護制度は受けにくいだけでなく、なるべく受けないように排除する傾向が止まない。 この状況でいくら菅首相が「最終的に生活保護がある」と述べても、何ら説得力がない。 ■ 「最終的には生活保護がある」発言で見えた菅総理の「上級思想」 (FRIDAYデジタル 2021.1.28) 「最終的」とは、どういう状態をいうのか 首相がいう「最終的」というのは、路上生活より「もっと先」の困窮なのか。 「生活保護を申請したくてもハードルが高すぎるんです。役所の窓口にいっても、申請の用紙すら手に入らないこともあります。そして、さらに壁になっているのが『扶養照会(ふようしょうかい)』です」 生活保護の申請をすると、親族に「この人を扶養(援助)できませんか」と連絡がいってしまう。長年会っていない兄弟や、事情があって離れた高齢の親に現状を知られることになる。そして、その「照会」から「扶養」に繋がる例は「ほぼ0%」だという。 どれもごもっともな意見ではありますし,おそらく菅義偉が安倍晋三に引き続いた稀代の迷宰相であることは間違いありません. 生活保護が,必要な人に届いていない. これは厳然たる事実です. 特に日本が酷い. このニュースに関連して,こんなデータをよく見かけるようになりました. 日本の生活保護受給率が低いという話です. https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/seikatuhogo_qa.pdf 日本は生活保護を求める国民を,きちんと捕捉できていない. つまり,受給率が非常に低い

薪ストーブなんかいらない暑さ

イメージ
柴咲姐さんのYouTubeが更新されたよ 柴咲コウさんのYouTubeチャンネルの更新がずっと止まってて,もう動画配信してくれないのではないかと心配でした. でも,また先日から更新するようになりました. 最新動画はこちらです. 北海道の自宅でのライフスタイルを紹介していて,特に「薪ストーブ」に焦点をあてています. 薪ストーブ. いいですよねぇ. 私の欲しい物リストの上位に入ってきます. よく仕事を依頼する鉄工所のオヤジ曰く,ここ何年か「薪ストーブ」がブームらしくて. 特に,飾り気のない無骨なものほど人気があるので,大量生産ものではない鉄工所で作ったものが「味があるデザイン」としてかなり売れているらしい. っていうか,ボロ儲けだそうです. 薪ストーブ,たしかに魅力的ではあるのですが,実は今のところ私は「暖炉」の方に興味があって. できれば自作したいと思っています. 薪ストーブや暖炉といえば,「薪」が必要なわけですが. 薪には広葉樹が良いということで,カシやシイの木が好まれます. これらは,うちの山にいっぱいあります. 昨年は,カシとシイが生い茂っていて邪魔で仕方がなかったので,かなり伐採しました. そんな記事を書いたこともあります. ■ この秋,入手して助かったもの 間伐作業をした山はこちら. ドローンによる上空からの写真 間伐する前の山 間伐した後の山 毎日毎日,チェーンソーが唸りを上げました. そんなわけで,カシとシイが大量に転がっているわけですから,これを薪に利用するために集めておこうかと思っています. 適当な長さに切って・割って,乾燥させておけば利用できます. 半分趣味が入ってる暖房のためだけでなく,緊急時の燃料にもなりますし. 薪と言えば,実は我が町「黒潮町」では,「薪」を新しい産業に出来ないかと思案しているようです. ■ 黒潮薪本舗 (ホームページ) 黒潮薪本舗 そこにはこんな記述があります. 自然豊かな高知県の天然林ですくすくと育った広葉樹(シイ・カシが中心)の薪です。薪ストーブや薪釜、BBQなどのアウトドアの燃料としてご使用頂けます。 黒潮薪は高知県内の広葉樹を切出し、1本1本手作業で割り、乾燥工程を経たものを丁寧に箱詰めして皆様にお届けします。 長さは約30cmとなっています。(※一部短いものが混ざる場合がございます。) 黒潮薪本舗の薪は、高知県内の

「ここ最近のコロナ陽性者の下げ止まり・リバウンドは,自粛要請・感染防止策に従わない国民自身の責任だ」って言ってる教員は,きっと授業評価アンケートの点数も低い

乱暴な理屈だけど,それなりに当たってると思うよ 過去最長の長さのタイトルです. 78文字. 最近,首都圏のコロナ陽性者が下げ止まり,むしろリバウンドしていると話題になっています. さらに,緊急事態宣言が延長したことを皮切りに,政府・対策チームの思惑とは裏腹に,街や観光地の人出が増えているそうですね. ■ 東京都で175人が新たにコロナ感染、7日連続で前週上回る (Yahoo!ニュース|ロイター 2021.3.15) ■ 「宣言疲れ」か 日曜昼の人出、お台場・箱根で2月末から4割増 (Yahoo!ニュース|産経新聞 2021.3.15) ■ 自粛疲れ、政府対応不満…渋谷や銀座に人出多く (Yahoo!ニュース|日刊スポーツ 2021.3.14) こうした状況に対し,ネットの反応の中には, 「感染防止対策をしっかりできない都民・国民が悪い」 「政府の指示を守れていないくせに,『もう我慢の限界だ』など政府を批判するのは無責任だ」 などという意見があるようです. そんなことを言いたくなる人達のお気持ちはわかりますが,全く同意できません. むしろ,「もっとちゃんと我慢して自粛しろ」などという意見を出している人こそ,無責任です. 私からすれば,今回の事態は120%政府が悪いのです. 「政府は悪くない.守っていない国民が悪い」などというのは,勘違いも甚だしい. 守れない約束をしない. 守れないルールを課さない. これは私が日頃から大事にしていることで,大学教員時代もこれを重要視していました. なかでも,学生対応においては特に. 逆に,これを平気で破る人もいます. 守れもしない約束をしおいて,あとでドタバタしたり信頼を失ったり. そうかと思えば,そんな自分のことは棚に上げて,他人に対しては厳しいルールを課したりする奴. 意外にも,無自覚にやってる奴は結構多い. 大学教員にもこの手の人間はそれなりにいます. むしろ,本人はそれまでの人生においては,至って「優等生」で育ってきているから, 「約束を守る」 とか, 「ルールを守る」 ことに慣れているのでしょう. だけど,社会人においては, 「約束したことを守る」 「ルールを守らせる」 というのは,かなりシビアになってきます. 誤解を恐れずに言えば,小中高大という教育現場における,「約束」や「ルール」というのは, 「頑張れば必ず守ることがで