2009年3月28日土曜日

プロテインのこと

先日,例の大学院生の勉強会がありまして,そこで栄養学を専攻している助手の人の発表がありました.

私自身,実は大学時代は栄養学を専攻しており,発表してくれた人の発表内容もすんなり入ってくるものでした.

スポーツ選手の食事についてでしたが,結局はスポーツ選手だからといって特別な食事があるわけではない,ということ.
気をつけなきゃいけないのはエネルギーが不足しないこと.
つまりは米とパンをしっかり食え,ということ.


その話の中で,プロテインが必要かどうか.というのがありましたが,スポーツ栄養学の世界では 「不要」 というのが定説です.
もちろん,普通の食生活ができる状況であればの話で,例えば海外遠征や病気の時には手軽にタンパク質を摂れますし,自身がベジタリアンである場合なども重宝するでしょう.

にしても,プロテインのことを,筋力増強剤かなにかと思っている人って結構多いんですよ.昔は私もそんな風に思ってましたかね?
覚えてませんねぇ.そもそもプロテインを知らなかったかもしれません.

先日も,職場の人に,
「知り合いの子どもがスポーツ(サッカー)をしていて,プロテインを与えた方が良いかどうか迷っているみたいで.実際のところどうなんですか?」
と聞かれました(そういうことよく知ってそうな人なのに,意外).

いらないんじゃないですか.
と答えましたが,やっぱり
プロテインを飲む→筋肉が付き易い
という事が周知されているところなのでしょうね.
見事な企業による集団マーケティング戦略です.


サッカーと言えば今,
日本 vs. バーレーン 戦
を見ています.
荒れた後半ですが勝ちそうです.

解説ですけど,セルジオ越後はいいにしても,
松木安太郎がうるさい.
まともに解説してくれ.

あ〜! うわ!
射て! うってー!

って,おのれは視聴者か.

実は私,高校時代(例の高校です)に一度,サッカー部の試合(公式)に出た経験を持っています.偽名を使って出場していました(内緒ですよ).
ポジションは右サイドバック(素人でも比較的なんとでもなる).
後半,GKが怪我をしてしまったので,GKもやりました(素人にはオススメできない要所).
2失点です.今思うと結構無茶苦茶なことしてますね.

まったくサッカー経験がない私に,「部員がいなくて...」 と言い出してきて 「基礎体力でなんとなる」 と,寮の先輩からの誘い.即,試合会場行きの車に乗せられたのでした.
せっかくの休日が...,思いましたが,貴重な経験ができたと,今となっては良い思い出です.

その時のユニーク経験が,レガース(サッカー等で,すねを守るためにソックスの下に入れるプラスチックの板)を試合会場で “作成” したこと.

そう,我が校は貧乏なので,私みたいに緊急登板(?)する選手のために用意できる予備のレガースはなく,段ボールでそれっぽく見せるのが唯一の手段.
レガースくらい買っとけよ,と思いますが,それが台所事情ならしょうがありません.
ソックスの上からならわかりませんから(これも内緒ですよ).
接触プレーで脱げたりしたらバレるので,慎重にプレーしなければなりません.

と思いつつ,ちゃっかりイエローカードをもらうほどエキサイトした私.
人生で唯一,もう金輪際もらうことがないであろう 「警告」 です.
と言いつつ,最近,お酒飲んで自転車乗ってて警官から 「警告」 された私です.