2010年3月29日月曜日

月が綺麗ですね


今日は満月ではありませんが,夕暮れ時に東の空で強く輝く月が出ていましたので思わず目が止まりました.

最近はバタバタしていて空を見ることもなく生活していたので,なんだか落ち着いた気分になれて安心しました.

あと,桜もだいぶ開花してきましたね.
引越し準備で出た大型・不燃ゴミを,近くのゴミ収集所に自動車で持っていく際に気がつきました.
ダムの道沿いに桜が植えられている,という よくある設定の桜並木ですが,ここ数年は毎年見に行っているポイントでして.
この地に住んでいた者として最後に見れて良かったです.
あとは行くのみ.


ところで,月が綺麗ですねを英語で言うと何になるでしょうか?

月が綺麗ですね = I love you
です.

まぁ,冗談ですけど,実際は,
I love you = 月が綺麗ですね
というところでしょうか?

かの文豪・夏目漱石が若かりし頃,英語教師をしていた時に,そこの学生が 「I love you」 を 「我,君を愛する」 と訳したのを見て,
「そんな日本語は無い.この文は “月が綺麗ですね” と訳しなさい」
といったエピソードからきています.

最近,イギリス・ロンドンに拠点を置く翻訳会社トゥデー・トランスレーションズというところが,
【世界ロマンチックな愛の表現ランキング】
なるものを企画したそうで,栄えある第1位はフランス語の
「amour(アムール)」
になったんだそうです.
そして最下位はダントツの日本語,
「私はあなたを愛します」
だったそうで.

・・・,キモーイ.
夏目漱石じゃないけど,そんな日本語誰も使わないっすよ.
それに,使うシチュエーションにもよるだろう,
って,やっぱそれが日本語を使うものとしての感覚なんでしょうかね.
直接的にものを言わないのが日本語の使い方ですからね.

日本語の場合,どれだけはっきり言ったかではなく,どれだけ心を込めたかが判断基準になるんだと思います.
だからバカ面してフォーマット化された単語を並べられても気色悪いわけで.
対象に向かって明確にしっかりと伝えることの鮮やかさよりも,全体状況の調和を考慮して発せられる言葉に重みがあるのです.
つまり,指向性か包括性かの違いですね.

次に私がそんな言葉を使う時は,どんな言葉を選んでいるんでしょうか.

...,そんなことより,
いよいよ明日が最後の出勤です.
コピーカードと保険証を返すのを忘れないようにしないと.