2013年1月20日日曜日

年末年始から今日まで

センター試験2日目には出勤しておりませんでしたので,今日は久しぶりにのんびりと休日ということになりました.
センター試験中の大学は厳戒態勢ですから出勤したくてもできません.

そう言えば,年末に私が大学をやめることを宣言しました.
この大学でセンター試験監督をやるのも今回で終わりですね.
とは言え,次に勤める大学もセンター試験の会場になっているようですので(センター試験の会場にならない大学もたくさんある),まだ当分はこの辛い2日間を経験しなければならないようです.

そうそう,
大学をやめると言いましたけど,それは今の大学をやめるということで,つまり別の大学に転勤するという意味です.

大学辞任宣言をしてからブログをずっと更新しておりませんでした.ほんの少し忙しかったというのもあります.
今回は,その後から今日までの日々をダイジェストです.

—年末—
今年は私にとっては異例の早期(27日)に帰省.
久しぶりに新幹線と電車の旅となりました.混んでましたね.
愛媛・川之江で弟(彼は今,愛媛の高専に勤めている)と合流し,その弟の車で自宅・高知まで.
そうそう,私は自動車を売っぱらいました.
次の大学では,はれて自転車通勤に戻る予定です.
というのも,私がこの3年間自動車通勤していたのは,今の大学は自転車通勤できないから(大学の制度上できないし,地形上もキツい).
自転車通勤するために今の大学をやめたと言っても過言ではありません.
なぜ今の時期に売ったのかというと,保険の更新がもったいないと思ったからです.
ラスト4ヶ月のために,保険やら駐車場代やらと20万円くらい使うのはどうかと感じまして.

—正月・三ヶ日—
ここ数年の実家でのお正月は,結構あっさりしています.
全然お正月らしい年の迎え方をしていないのです.
以前はもうちょっと年末年始らしい日々だったように感じますが,どうやら両親も歳をとってきて(もうそろそろ齢70を数える),派手に正月をやる元気もなくなってきたのでしょうか.
こういう時は新しい世代が代わってやるもんなんでしょうけど,ふと気づけば,どうやら我が家には新しい家族(世帯)ができる様子もないので.しょうがないですね.
両親は,自分たちが晩婚なものですから,私たちに結婚を急がせる勢いはありません.

私の正月はというと,ずっと大学の紀要を書いておりました.
自分で言うのもなんですが,かなり本腰を入れた内容でして,「福祉」と「スポーツ」の関係を,それこそ大学をやめるにあたって「私がここにいた証」を残してやろうと意気込んで書いたものです.
何かの機会があれば,もう少し手を加えて外部雑誌に投稿するか書籍にしてやろうかと思っています.

ちなみに,両親は私の大学転勤について特にコメントはないようです.
もともと大学というモノに興味がない・知らない両親ですから,兄弟二人がどんな仕事をしているのかも全く分からないのです.
学校の先生と同じようなものだと思っています.算数とか国語を教えるもんだと思っています.それでいいですけど.
※大学院に行くことを相談したときも,「大学の上にまだ学校があるのか」と,大学院の存在を説明するのが難しかった.

—仕事始め—
昨年度,そして先月12月をもって退職していた事務職員さん2名と,「退職者たちの集い」を開きました.まぁ,ようするに新年会です.
この2人は,私と同時に着任した人たちで,関係する仕事も同じだったのでよくお世話になりました.
この新年会を,いろいろな意味を込めて「脱北者の会」と名付けることにしました.
2人とも次の職場でも元気にやっているようで,うち1名は近々結婚するとのこと.

とりあえず紀要の締め切りに間に合わせ,一段落しながら「私が大学やめる騒動」を眺めていた年の始め.
私が所属する学科の「新年会」は,急遽,私の「送別会」へと変更.
転勤までまだ3ヶ月を残していますが,“いろいろな理由” があるのでこうなりました.
大学というところは “いろいろ” あるんです.

後任人事もほぼ確定しましたし,引継作業も着々と進んでおるんですが.
事務の中でもいわゆる「教務」と呼ばれる方々には,この時期になっての科目担当教員変更に関する一連の作業,多大なるお手数をおかけしている事,切にお詫び申し上げます.
ただ,私が言うのもなんですが,これらの(いろいろと手広い)科目を教員一人が一手に引き受ける現状は,経費削減があるとは言え,やっぱりマズいと思いますよ.せめて教員が担当する科目の一貫性が求められます.
今回のような教員の転勤があると,その脆弱性が浮き彫りになってしまいます.

—ここ数日—
「先生,どこに移るんですか?」という質問が寄せられます.
言ってもいいんでしょうが,まだ言わないことにしています.
放っといても,来週くらいには広まると思いますけど.
なかには私の転勤先を知っている教員もいますので,どうやら最近その人達がしゃべり始めたようなのです.時間の問題です.
「異動先はしゃべらない方がいい」という助言をしてくる教員がいるので,そのようにふるまっているのですが.
たしかに,大学を転勤するということになると,それに端を発して学内で「怪文書(誹謗中傷とか)」が回ったり,「微妙ないじめ(会議の連絡が来ない.郵便物が開けられている等)」が始まったりするというのは聞きます.
転勤先の大学が判明している場合,そういった怪通知がその大学にも回ることがあるんですって.
でもね,そんな奇怪な行動をしても,誰も得しないし意味ねぇんじゃねーか?と思っていたのですが,この度,その奇怪な行動を選択する理由がわかりました.後日,詳細を説明します.

—昨日—
センター試験でした.大変です.ツライです.今日は休みで良かったです.2日連続勤務の方,お疲れ様です.
今年のセンター試験は,特にトラブルもなく終わったようですね.ネットのニュースを眺めてみましたが,特に気になるニュースはありませんでした.
1日目である昨日は,例の「地理歴史・公民」と「リスニング」というトラブルメーカーの科目がある試験日でしたが,全国的にも問題はなかったようです.

監督時,同じ学科に所属する教員と会場の教室が一緒だったんですけど,この教員,ラストの「リスニング」試験中,ずっと何かブツブツ呟いているんです.
ちなみに,「リスニング」試験中の30分間は監督官は一切の「物音」をたててはいけないので,事実上「監督」はしません.「監視」です.つまりカンニングもやりたい放題なのですが,まぁ,状況的にカンニングしている暇はないのでいいのですけど.
その場の全員が物音をたてないことに全神経を尖らせている時に,ずっとその教員はブツブツ言ってる.
おい,大丈夫か?
というか,ふざけてんのか?
むしろ,狂いだしたのか?
バグッてんじゃね?
周りの監督官も気にしてる.そして皆,怒りの顔に満ち満ちている.
この教員,普段から挙動不審な人なので,もしかすると本人としては至って正常運転なのかもしれませんが,ことセンター試験において挙動不審は許されません(もともと挙動不審というのは褒められたものではないが).
殴ってやろうかと思いましたが,物音たてちゃいけないから何もできない.注意もできない.もちろんジェスチャーで「だ・ま・れ」とかもできない.受験生の気が散りますからね.
どうやらずっと「暇だから」ってんで「般若心経」を唱えていたんだそうです.
幸運にも我々の会場では,こちら側ではどうにも予防・対処することができない「IC機器の故障」は一台も発生せず,無事に終わりました.
彼がずっと唱えていた「般若心経」のお陰だと思うことにしましょう.

—今日—
自宅近くにコープデイズがあるんですけど,そこに1年半以上(週に何度か)通っていたくせに,一度も足を運んだことがない「2階〜3階エリア」に「暇だから」ってんで行ってみることにしました.
するとどうでしょう.実はこのコープデイズ,けっこうな売り場面積と品揃えではありませんか.
ずっと1階の食品売り場にしか行ってなかったのですけど,あらゆるものが買える大型ショッピングセンターだということが判明したのです.自宅から50mの場所なのに.
実は3階に大きな本屋もあるではありませんか.これまでの本屋探しの苦労はなんだったんでしょう.
ショッピングセンター内のお店って,今回の本屋みたくグーグルマップに反映されない場合があるんですね.灯台下暗し.
残り2ヶ月くらいですけど,利用価値が見出せました.

最近できたラーメン屋にも行ってみることにしました.
自動車を売ってから,全然行ってないんですよね,ラーメン屋.
歩ける距離にできたので,またラーメンの毎日になれそうです(ちなみに,ここ最近はカレーの日々だった).

—明日—
さて明日は,とある職員さんに出した,
問題:私の転勤先はどこでしょう?
の回答をするつもりです.
ヒント:規模(学生数)はこの大学の丁度10倍.◯◯地方.出身者に超有名スポーツ選手がいる.ちなみに私は◯◯系の学部に行く.
メールで回答を受け付けたのですが,見事に正解を出しておりました.
なので,
「残念!不正解です」
と答えることにしています.