2016年12月17日土曜日

水素水に効果はあるのか? っていう疑問がそもそも問題

途中まで日露首脳会談のことを書いていたのですが,やめました.
呆れた話だし,おもしろくないので.

で,ニュースを見ていたら,こんなものがありました.
水素水「やっぱりただの水」 国民生活センター調査の唖然

まだ売ってたんですね,これ.

私が所属していた大学院の研究室に「水素水の効果を確かめてほしい」というメーカーからの依頼があったことを思い出します.私が院生の頃ですから,今から10年前でしょうか.

後日,メーカーから12本入りのダンボール箱がいくつも送られてきたので,置き場所に困ったのもいい思い出です.
「ひとまず対象製品を送ってきてください」と私の先生が返事しちゃったからなのですが,あまりにバカげた依頼に誰も調査・検証するわけもなく,院生室の壁一面を占拠して一週間.
「邪魔だし,さっさと片付けないと」という指令が出たので,そのまま捨てるのも勿体無いと思い,助手・院生総出で水素水を毎日来る日も来る日も飲み続けました.

最初のうちは,みんな物珍しそうに飲むんです.
「うん,水だ」
「うん,完全に水ですね」
「まるっきり水だね」

そのうち,ただの水なので飽きてきます.
「シュワっとしたら効果があるように思えるんじゃない? メーカーの人に提案したら?」
「でも,それだとただソーダ水ですよね」
「これで水割りつくったらおいしいかも」
「いや,まずかったよ」
「え? もう試したの?」

たまに遊びに来た学生をつかまえて,「これを飲んだらパフォーマンスが上がるぞ」と騙して飲ませてもいました.彼は「マジっすか.ありがとうございます」と嬉しそうにたくさん持っていきましたが,その後は知りません.

そうこうするうち気がついたんです.
こんなに毎日何本も水素水を飲んでいるんだから,自分たちの生理的指標や心理尺度をきちんと測定したら,それで検証実験になるんじゃないかと.

「いや,そもそも『水素水』っていうもの自体がパチもんなんだから,そんな調査する意味がない.時間の無駄」
という院生もいました.正論です.

私と,もう一人の院生は,趣味で大学のトレーニング室に週3〜4回通っていました.
だから,一応筋力トレーニングへの影響という観点から客観視することはできるんです.

その結果.
う〜ん・・,効果や影響は感じられませんでしたね.
なんせ,ただの水ですからね.ないですよね.

最後の方になってくると,院生室で開催する鍋パーティーのだし汁用になっていました.
特段美味しくなったりするわけでもありません.