2010年9月3日金曜日

巡り巡って

昨日・今日と,学生がお世話になっている学外実習先をまわってきました.
専門外の分野の実習ですが,そこらへんは体裁がなんとかなっていればOKな部分ですので,適当に話を合わせて..,というか実習先の担当者とおしゃべりして帰ってきているようなもんなのです.

学生としても,実習巡回の先生に期待する何かがあるわけでなし.
十中八九,元気に実習しているかどうかを確認するためのものです.

今日は一日中あっちこっち実習先を飛び回りましたが,昨日に関してはその他のイベントがメインであったようなもんです.
以前も被験者をした実験に関連した実験に,再度,被験者として呼ばれましたので,その研究室に行ってきました.
私の同級生の実験です.別の大学の研究室でやってるんですけど,前回はちょうど一年前だったんですね.

今回は血管にカテーテルを入れて,運動中に血液を常時採取するような実験だったのですが,案の定,私の血管はくせ者でして.
なかなかカテーテル挿入担当の人を苦しませておりました.

んで結局,全部で7カ所刺しましたが,うまいこと血液が出てこなくて実験は途中で打ち切り.
刺して直ぐは素直に血が出てきてくれるんですけど,その後,すぐに出てこなくなってしまうんですね.
カテーテル入れる意味がないんですよ.

この手の実験の被験者に私は向いていないようです.
ということで,この実験の被験者については前任校の後輩達に後を託したいと思います.

こういう実験は被験者集めが大変です.
拘束時間が長いし,肉体的,精神的苦痛を伴いますからね.やりたがる人は少ないです.
その苦労は同じ研究者として解っているつもりですので,出来る限り参加してあげたいのですけど.

そんでも,研究活動に携わっている者はお金を払ってでも体験してみる価値があります.
ぜひとも参加してもらいたいものです.
生理医学系の研究を身をもって体験できるのですから.

そりゃ大変ではありますけど,こういう経験は巡り巡って自分の糧になります.

そんなわけで,ということでもないのですが,昨日は前任校にまた行ってきていました.
いろいろな偶然と気分の移り変わりが重なっての帰還.
去年までお世話になっていた先生とも半年ぶりに話せましたし,ハゲてる人にも会えました.
しっかりと容姿を確認して,記憶に深く刻みました.
が,やっぱり増えている気がします,毛.
時々会うからこそ分かることもあるもんです.

この大学に来たら,いろいろな人に会えます.
そういう場所があるのは嬉しいことです.

実は明日も行くんです.
学会が間近に迫っているので,ここでやっておきたいことが次々出てきます.

特に計画はしていませんが,また行ってから考えます.