2010年1月16日土曜日

誰がうまいこと言えと

ネットで拾った名文2010年版です.

『2ちゃんねる』にありました.


日本には謎の鳥がいる。
正体はよく分からない。
中国から見れば「カモ」に見える。
米国から見れば「チキン」に見える。
欧州から見れば「アホウドリ」に見える。
日本の有権者には「サギ」だと思われている。
オザワから見れば「オウム」のような存在。
でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。
私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。


うまい!

山田くーん,
座布団一枚あげてちょーだい!


この週末が小沢一郎と東京地検特捜部との正念場でしょう.
どちらが勝つでしょうか.

ネット界では特捜部へのエールに沸いていますが,民主党議員や新党大地の鈴木宗男は,
「権力の横暴だ」
と反発しているようです.

でもね,「権力はどっちだ」と言いたいですね.
政権政党こそ今の日本の最高権力でしょうに.いつまで野党時代の気分でいるのやら.いいかげん政権政党の責任というものを感じてもらわないといけません.

だいたいが,検察というのは権力に噛みつくためにあるような機関ですから.
それだけに「犯罪性が間違いなくあった」という事案に慎重に取り組むという特徴があります(最近は見切り発車気味だそうですが).
今回のようなデカイ山に挑むには相当な裏付けがあってこそだと考えられます.

民主党のある議員なんかは,
「これは検察をトップとする官僚機構と,国民の代表である民主党政権との全面的な戦争だ」
などとおっしゃっていますが,全く状況が把握できていないようです.
犯罪組織がなに言ってんだか.

ポッポ首相にいたっては,小沢が「検察と断固闘う」と言ったのに対して「どうぞ闘ってください」などと暢気なこと言ってます.
検察と政治家が戦ってどうすんの.バカなの?死ぬの?

そんなに身の潔白に自信があるなら普通にしてりゃ済むでしょう.
なんで隠れてたの?なんで詳細を説明しないの?
「不正なしの私の続投,国民が味方している」とか言っちゃって.
ここまでくると笑えない冗談です.

特捜部の皆さん,このようなバカは放っておいて,ぜひとも大物を釣り上げてほしいものです.
楽しみにしておきましょう.