2010年6月13日日曜日

気分を変えて

ブログのデザインを変えました.
さっぱりしていて爽やかなデザインが好みなので,こういうものにしてみました.

ところで,昨日の授業(ゼミみなたいなクラス分けされたもの)では,前日の宣言通りにプラハ演説と年金のことについて触れたのですけど,そこで驚愕の事実が.

本学の大学1年生は政権与党がどこなのか知らない!のです.
「民主党」と答えて正解して喜んでる(それじゃ困るんだが)学生がチョッといるくらいです.
前政権に至っては自民党だったことすら知らない!
とりあえず適当な党を列挙していました.
そんでも,「みんなの党!」とか本気で叫んでたし.
正確に知ってそうだったのは(それも確認できているわけではないが)20人中,2・3人程度です.

これはまずい!
私の認識が甘かった!

“民主党の政権運営能力の無さを国民が知り,これをきっかけに国民は真に必要な政治家・政党を選ぶようになる”

それは幻想だったのかもしれません.
少なくとも,19歳の国民は全く理解,把握できていませんでした.
選挙権が無いとはいえ,現政権がどこの党なのかすら知らない,おまけに前政権がどこかも知らない.

ワイドショーやバラエティー番組なんかで「最近の若者のバカさ加減」みたいに紹介される企画は事実の部分もあるのかもしれません.
いえ,若者をそのようにしむけたのは,やはりメディアの責任です.
政治や政権運営について真面目に向き合う番組を作らなかった,事実を事実として論理的に報道しなかった帰結です.

漢字読めない総理を面白おかしくとりあげ,本質的な政権運営や政策運営について一切触れず,法整備に関する世界基準の評価をまったくしない.

漢字の書き取りを授業でやってる場合じゃない気がします.
笑えない冗談です.

この調子じゃ,オバマ大統領が共和党と民主党のどちらに属しているのかすら知らないのでしょう.
アメリカと同盟を結んでいることも,中国が日本に核ミサイルを向けていることも知らないかもしれない.
当然,普天間基地移設問題で “本当に問題となっている点” なんか絶対知らない.
つーか,沖縄に基地が集中している理由もきっと知らない.

そりゃそうです.だってTVでやりませんもんね.

でも,少なくとも現政権と前政権の与党くらい覚えておきましょう.
もう子どもじゃないんですから.