2017年6月4日日曜日

学生との飲み会に関するお金のこと

前回もアルコールの話しでしたので,今回もそんな話です.

このたび,学生との飲み会を企画しています.
教員になってからというもの,どこに赴任しようと毎年あることです.

過去記事にこんなのがあります.
誕生日会

ところで,学生との飲み会で教員がいくら払うのか? という話題になったことがあります.ちょっと興味深い話ではないでしょうか.
いろいろな先生方は,
「私は完全割り勘だよ」
「1万円です」
「2万円が最大かなぁ」
などと仰られていたんで,私は思わず「はい,僕もそんな感じです」と言ったものの.

え? そんなに安いの?

これくらいが相場なんですかね.
不況ですね.

私は特別な事情を除き,基本的には学生は「千円」という方針です.
総額3〜4万円くらいだったら私がもつことにしています.
あとはどれだけ酔っ払っているか次第です.

過去最高出費額は,6万円でした.
あの時は人数が多かったし,良いもん開けてたし食ってたしで,一人当たり千円出させてからの残り金額がそれ.

別に学生の評価を上げよう,ってつもりは毛頭ありません.
私が学生の頃は先生がそうしてくれていたし,私の先輩方もそうしてくれていたから,自分の番が回ってきただけと思っています.

あと,家庭があるかどうかも重要でしょう.私はそんな心配はありません.
高給取りではありませんが,お金は好きなように使える立場です.

ただ,こういう「酒の席の費用」については,やっぱりさまざまな特色があるようです.

私は高知県民なんですけど・・・.
そして,何度か取り上げたことがありますが,こんなデータがあります.
飲酒費用 [ 2012年第一位 高知県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/16678
飲酒費用 [ 2012年第一位 高知県 ]

偏差値がとんでもないことになっています.2位以下をぶっちぎってしまっている.
でも,このデータが興味深いのは,「アルコール消費量」との相関が弱いこと.

実際,アルコール消費量を示したランキングでは以下のようになります.
アルコール消費量 [ 2013年第一位 鹿児島県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/14569
アルコール消費量 [ 2013年第一位 鹿児島県 ]


上記のデータにおける「飲酒費用」の定義とは,
「飲酒代及びこれに伴う料理代.飲酒を目的とした諸会費も含む」
というもの.
つまりですね,高知県は,言うほど量は飲まないけど,飲み会にかける金額がパネェということなんです.

学生との飲み会で出すお金が,「皆さんちょっと安いんじゃね?」と思ってしまう私は,やっぱり高知県民だからです.

そういえば,四国4県の県民性を示す小咄があります.
「もし,四国人に1万円を渡したら・・・」
というもの.

いろいろなバージョンがあるものの,概ね以下のような感じです.
徳島県民は,全て貯金する.
香川県民は,半分使って,半分貯金する.
愛媛県民は,飲み会で全部使ってしまう.
高知県民は,自分の財布からさらに1万円を足して,友人を誘って飲みに行く.
納得でございます.

学生の皆さんは,ぜひとも高知県出身の先生と飲みに行きましょう.


関連記事
日本のウイスキーが高いよ
大学生用:二十歳になったらお酒を飲もう