2009年3月7日土曜日

WBC: 日本が勝ちました


日本 v.s. 韓国

大量得点,しかもコールドで日本が勝ちました.

やっぱり日本が勝つのは気分がいいものです.
2chあたりでは “祭り状態” になっていることが容易に想像できます.
この調子でWBCを突き進んでいってほしいものです.

“日本代表” と言えばサッカーがメディアで大きく取り上げられますが,「日本のスポーツはやっぱり野球だな」 との考えに確信が持てました.
日本のサッカーは所詮,途上国です.歴史と文化が違います.

とは言え,サッカーも日本での文化を創るために頑張っています.
私の大学院の同級生にもJリーグでマネジメント・普及活動に携わっている人がいます.
世界に誇れるサッカー文化を創ってほしいものです.

ちなみに,日本の野球 Baseball の文化はというと,善くも悪くも,とにかく “勝つ” ことにこだわる姿勢だと思います.
ジュニアスポーツであるリトルリーグ,高校野球からして “勝ち” にこだわります.

その弊害は年少期からのバーンアウトや傷害(野球肩・腰椎分離症など)が知られていますが,プロ野球においても,この “勝ち” にとことんこだわる姿勢が野球大国アメリカ・メジャーリーグとの違いとして大きいのではないでしょうか.
バントを多用して得点圏にランナーを進めるであったり,徹底したインサイドワーク,四球敬遠などなど.

以前,メジャーリーグから移籍してきた選手が,日本の野球の特徴に応えているインタビューを見たことがあります.
その選手は 「3ボールから変化球でストライクをとってくる投手が多い」 を挙げていました.

メジャーがスポーツとしてエンターテイメント性を多分に含んでいるのに対し,日本のプロ野球は観戦する上では 「つまらない」と思われかねないストイックな勝ち方を実践します.

個々の選手のレベルに大差がなくなった今,アメリカのアドバンテージは非常に小さくなっている気がします.“勝ち方” に違いがあるような気がするのです.
つまり,同程度の実力になってくると,“勝ち” にこだわる文化を持つ方が有利なのです.

この日本の野球・戦い方には批判も多いですが,事こうした世界大会では国民は都合良くいい加減にも “勝ち” を第一に望むものです.
ストイックに勝ちにいく日本の野球は,競技力だけで言えば世界トップであることに間違いはないでしょう.
誤解を恐れずに言えば,その “勝ち” にこだわらなかったのが “北京五輪” です.“男気” とか “義理” とか “人情” とか “役割” とか.
とにかく “ストイックさ” に欠けていました.
そのことについては,職場でもさんざん 「あのチームで北京五輪は無理ですね」と予言していましたが,悲しくも的中しました.


とかなんとか言って,今後の日本がボロボロだったら私の立場がないですから,これ以上言うのは避けておきます.
でもかなり期待できるチームである事は間違いないでしょう.