2014年2月20日木曜日

いい人達なんだそうです

今日はソチ五輪について短く.
私も仕事柄(というか活動領域柄),知り合いの方々がいろいろな立場からソチ五輪に関わっておりまして,その内部事情といいますか,そういう話も聞かせてもらうことがあります.
そんな中でも,少し話せる範囲内で.


「怖い奴だと思われているんですが,実は私はいい人なんです」
という決めゼリフで知られる田母神俊雄氏が,東京都知事選挙で落選してしまい気を落としておりました私ですが,同時期より開催されたソチ五輪では日本人選手の快進撃に感嘆しております.
まさかここまで活躍してくれるとは予想しておりませんでした.
非常に頼もしい限りでございます.

さて,「いい人」の反対はというと,悪い人といいますか,つまり評判が悪い人がいるわけですが,冬季スポーツで「評判が悪い」というと「スノーボード選手」と言われることがあります.
ことの発端は前回大会であるバンクーバー五輪において,「例の選手」が身だしなみや態度(ハンセーしてま〜す)がことのほか批判対象になったことにあります.
その他のスノーボード選手も似たような身だしなみであったことと,「スノーボード競技」がおかれている状況として,オリンピックやワールドカップに本腰を入れない人が多い(X Gamesという大会の方が有名・格上なため)ことにより「本気度が感じられない」ということも災いして,「スノーボード選手は性格が悪い」ということで波及してしまった経緯があるようです.

大学院の後輩になる人が,この「スノーボード」の選手サポートに関わっておりまして,やはり“そういう”見方をされることを嘆いておりました.
御多分にもれず,やはり皆が皆「例の選手」のような人たちではないわけでして.
とは言え,その方も最初はスノーボードの担当になった時に「変な奴らが多いのではないか」と警戒していたようです.
が,その方いわく,「彼らの多くがいい人達なんです.北国の人らしいというか,素朴で素直で,こちらの指導したことをちゃんと取り込んでくれるし」とのこと.

チャラチャラしてる,とみなされることの多い彼らのファッションにしても,
「有名選手や周りのボーダーがああいうファッションをしているから,憧れや “皆そうだから” という理由で着ている」
とも言っておりました.

こういう誤解,というか,例って他にもあって,例えばバスケットボール選手なんかがそうでしょう.
バスケットボール選手の普段着,彼らいわく「正装」であるあのスウェットパンツ姿も,「だらしない」「パジャマか?」などと捉えられることがあります.

もっと言えば,我々のような体育大学生(私の頃は,だけど)なんかが,普段着がジャージになっていたこと,私服(つまり,本当の意味での普段着)を着るのはちょっと恥ずかしい,むしろ,私服を着て大学に行こうもんなら奇異の目でみられてしまう.ということと同じものなのでしょう.

ボード選手のファッション.我々世代でいうところの,不良,ヤンキーみたいな格好は,彼らにすれば「がんばってボード選手らしい格好にしてる」ということになっているようです.

ただですね,その方の先生(ということは私の先生でもあるが)からすれば,
「だからスポーツのトップ選手,有名選手というのは,後の者や子供たちにとって模範になるような人徳と態度,身だしなみを持っておくことが必要なんだ」
というところなわけでしょうが.

そんなスノーボード.今大会では優秀な成績を収めてくれています.
特に,その方が力を入れてサポートしていた「ハーフパイプ」では,男子が銀・銅を獲得するという快挙です.

おめでとうございます.
帰ってきたら,是非ともうちの学生たちにソチ五輪の裏側をお話してもらえればと考えております.