2017年3月18日土曜日

森友学園問題をまとめてみた

森友学園問題というのが連日のニュースになっています.
どうでもいいですこんなの.
以前,ベッキーとかいう芸能人の不倫ニュースが,来る日も来る日もアップされていたのに通じます.
今回の件は不倫とは違って政治の話ですから,とっとと証人喚問して決着つけてもらいたいですね.

さて,問題となっている問題とは何か?
大衆の欲望を源とするマス(mass:大衆)メディアが騒ぎ出すと,意味不明なところで議論されるようになるので注意が必要です.
本件の何が問題だったのか分からなくなっている人もいるのではないでしょうか.
このブログを読んでくれているような人には不要かもしれませんが,私なりに整理してみました.

こういう話を「まとめ」ようとすると,人間,どうしても偏りをもって整理しようとします.
安倍信者は安倍首相に有利に,アンチは不利なように.維新の会フリークは大阪府に火の粉が降ってこないように,サヨク系は自民・維新・ウヨク系等を貶めやすい状況にもっていこうとするものです.

結果,得てしてこういうことは分けわからん状態になります.
これは,事実と推測をごちゃ混ぜにして「理屈」を構築していることから起こる現象です.
そしてこれは,特に大学生が「卒業論文」作成において教員から怒られることでもあります.
大学教育(高等教育)が人間社会の安定化に必要な理由が,森友学園問題(あと豊洲)を見ていると切実に感じますね.

この記事では,なるべく客観性をもって「まとめ」てみました.
そして,今後どのように判断すべきなのか考えられるようにしています.

(1)土地売買疑惑に目を向けるべき
学校法人森友学園が,小学校建設のために大阪府・豊中市にある国有地を購入しました.
ところがこの土地,評価額9億5600万円だったのに,なぜか1億3400万円で購入されていたのです.
国有地ですから,これは「国民の財産」という位置づけになります.それが評価額より安くなるのは極めて問題なのです.
本件を考える時は,まずはこれに立ち返りましょう.

考えなければいけないことは,マイナス8億円になった理由です.
想定されるのは以下のこと.
1)事情があって,この土地だけ安い
2)安く購入できるようにした人がいる

まず森友学園理事長の籠池氏は「安い理由」としてこんなことを言いました.
その土地の地中に有害なゴミが埋まっていたからです.本学園としては,来年度開校に向けて土地確保が急務でした.そこで,このゴミ処分作業を本学園がやることにして,処分するための作業費約8億円分を値引きしてもらったのです」と.

しかし,以下のことが不明です.
1)本当にゴミが埋まっていたのかどうか確認できていない
2)値引いた約8億円で作業したのか確認できていない
3)作業費として8億円相当かかるのか確認できていない
4)そもそも,ゴミ処分作業をしたのかどうか確認できていない
これらについてまともに説明できていないので,大騒ぎになりました.
だから「どうせ嘘だろ」と思われてしまうわけです.そして,「もっと大きな問題があるのを隠しているんじゃないか」と疑われています.

ここさえ証明できれば,この「森友学園問題」は終息する件なのですが・・・.
ひとまず,こんな騒動では「学校教育」なんて言ってられませんから,来月4月に予定されていた森友学園・小学校の開校は延期となっている状況です.

以上,本件の争点となっていることの解説でした.

さて,以下は上記のことを受けて,引き続き “疑惑” として争われていることです.
すなわち,「ゴミ処分するから安くなった」という(嘘?)をついてまで隠さなければならないこととは何か? ということです.
今ではこの「疑惑」の方が面白おかしく取り上げられることが多いわけで,問題を複雑にしています.

(2)安く購入できるようにした人物は誰だ?
この土地は国有地です.
そんなに簡単に安売りできるものではありません.
なので当然,「誰だよ,そんなに値引いた奴は」ということになるわけでして.
目下,その人物探しが急がれています.

国有地を安売りできる権力・能力を持っている者として有力視されるのは,官僚と政治家です.

官僚単独でそんなことができるかというと,かなり怪しいとされています.なぜなら,今回事件になったようなリスキーなことを官僚がやる必要ないからです.
私の従兄弟が某省の官僚ですが,一般人が考えているほど悪行ができるわけではありません.上からの命令通りに動くことが官僚の務めです.

ということは,「上」がその黒幕ではないかということで,「政治家」が睨まれています.
さらに,この森友学園からの法外な「国有地値引き要求」という極めてリスキーなことを受け入れるからには,森友学園を贔屓にしている人物だと考えられています.
それは,「ゴミ処分するから安くなったんですよ」と嘘をついてまで隠そうとした人物です.よほどの大物であろうと期待されます.

森友学園ですが,ではどんな教育方針をしているのかというと,『教育勅語』に基づき,さらに与党自民党を賛美するかのような「愛国ウヨク的」な指導がされていたのですね.
こうしたことから,少なくともサヨク系列ではないだろうと.きっと保守派政党の政治家が一枚噛んでいるだろうということになっています.

実際,自民党・鴻池祥肇議員がこんなカミングアウトをしました.
森友学園理事長・籠池氏が鴻池議員のもとを訪れ,賄賂を渡してきたというのです.いわゆる「コンニャク」という用語が知れ渡った時でしたね.
当然のことながら,鴻池議員はこの賄賂を受け取っていないと話しています.
なお,この人の発言はどうでもいいノイズです.
でも,案外この人が当たりだったりして.
以前,■こんな大学は万事休すだで「自民党の息がかかっている」というのを取り上げましたよね.
ここだけの話ですが,自民党の議員にお願いすれば,土地売買とか認可がスムーズにいくというのは本当です.そして,得てしてそんな教育機関は碌でもないところが多い.特に経営方針が強引です.

賄賂で動かなくても,教育理念に共鳴したなら贔屓にする可能性があります.
それで疑われているのが,当代首相・安倍晋三とその夫人です.

1:安倍晋三
さまざまな情報源から,安倍夫妻が森友学園の教育理念に共鳴していたことが知られています.
森友学園の幼稚園を訪問し,そこで講演会もしているそうです.

さらに決定的なのが安倍夫人.渦中の小学校の名誉校長に就任していたことが判明.
当然のことながら,今回の事件をうけて名誉校長職を辞退することになっていますが.

もっと言えばこの小学校,「安倍晋三記念小学校」という名称が候補になっていました.
森友学園としては「安倍晋三記念小学校」として広報活動をしていたことが判明しています.

でも,安倍首相が「土地の値引き」に関与していたかどうかは不明です.
ただ,安倍首相が冒頭にあるような「ゴミ処分するということにして・・・」という一連のことを隠れ蓑に「値引きしなさい」と指示すれば,当然のことながらその要求は「通ります」.
その指示は記録に残るようなものではないです.「君,ここは安倍晋三先生お気に入りの学園だからね.分かるよね」って肩を叩く感じです.官僚としても,そうやって上がってくるものには十分根回しがされているものと考えて処理するでしょう.
こういうのを「政治家の口利き」と言います.

国会答弁の動画で,安倍首相がこんなことを言っていました.
「私や妻の存在が,土地売買や認可等に影響を与えることはない」「かつてそんなこと(政治家の影響力による認可等)があったのか? あったなら例を出してくれ」
ありますよ.そんなこと,ちょっとでも「大人」をやっていれば分かるはずです.それともこの安倍晋三という人は,政治家の口利きを知らないのでしょうか?
「例を出せ」って,済んでいるものから例なんか出せるわけないでしょう.バレないように,そして記録に残らないようにやるのが政治家の口利きなんですから.

例えば私達の大学設置認可にしたって,政治家の口利きに頼るところはあります.当然,口利きで認可されるようなところには碌なところがないのですけど.
事実だとすれば,鴻池氏のところに籠池氏が賄賂持って行ったのもそのためでしょうし.

政治家の口利きは,正攻法でやってたら物事が進展しない時に抜く「民主主義の伝家の宝刀」です.でも,それは諸刃の剣.素人にはオススメできません.
その剣を,安倍首相が森友学園のために抜いたんじゃないかと疑われているんです.

ところで,安倍首相の騒ぎによりあんまり目立っていませんけど,極めて問題だとされているのが設置場所である「大阪府」の対応です.
森友学園の小学校認可申請ですが,普通はこんな学園には認可されません.

2:橋下徹 & 松井一郎
話の発端は2011年.
森友学園の籠池氏は,大阪府に学校設置認可基準の緩和を求めています.
それまでは,幼稚園のみ経営している学校法人が,そこからさらに小学校を経営しようという場合,当該学園に借金がないことが条件でした.
理由としては,教育機関がそう簡単に破綻されては生徒や地域が困るからです.
ところが,当時の大阪府知事の橋下徹,そしてその後任の松井一郎は,なぜかこうした条件基準を撤廃しています.

当然のことながら,大阪府は森友学園の財務状況については「問題ないと考えている」と回答します.まあ,「問題だと思います」なんて回答したら,それこそ大問題ですけど.

実は今回の件に一枚噛んでいる者として一番怪しいのは,橋下・松井の「大阪維新の会」ではないかとも疑われているわけです.

3:稲田朋美
自民党と言えば,稲田朋美防衛大臣も疑われています.
稲田氏の夫が森友学園の顧問弁護士でした.
さらに,森友学園に関する裁判に出廷したことはないと国会答弁したのに,あとになって裁判に出廷していたことあったことが発覚.発言を取り消しています.

さらに,稲田氏は森友学園理事長の籠池氏から政治献金を受けていたことも発覚しました.
これについては,政治家の伝家の宝刀である「記憶にございません」が登場しています.

最近は,稲田氏の父・椿原泰夫氏と森友学園・籠池氏が,保守運動を介しての知り合いであることも発覚しました.

ただ,稲田氏の場合は,森友学園問題というよりも政治家としての資質を問われる別問題のような気がします.

(3)森友学園の教育方針がアレなのは,そりゃそうなんですけど・・・
さて,結局のところ誰が「悪者」なのか分かりませんが,どこかに「値引きの口利き」をした政治家(もしくは高級官僚)はいるわけです.
ところが本件,森友学園の教育方針の異様さに相まって,
「あんな教育をしている学園を贔屓にしている奴はダメだ」
という感情に動かされて評価しているように思います.
だから,安倍晋三が森友学園に寄付をしているのでは?とか,稲田朋美が弁護士をやっている,松井一郎はどうみてもヤクザ,という関係ないところに焦点が当たる.
案の定,それへの反論も「私はこの学園とは関係がない」という点になってしまう.
結果,嘘がバレる.

でも,そんなことどうでもいいことです.
この件は,土地売買に関係しているかどうかです.
それをこそ追求しなければいけないし,その疑いを晴らす答弁をしなければいけない.

「疑いを晴らす」というのは悪魔の証明だと言われます.
でも,本件はそういう性質の疑いではありません.状況的にいくらでも秘密裏に口利きできる状態にあるわけですから,特に安倍首相や稲田大臣とるべきは「森友学園関係者を証人喚問して間違いを糺す」ことです.
今,国会運営がままならなくなっているのことの原因は,元はと言えば,自らの過去の振る舞いと,それに対する嘘や誤魔化しがバレているという失態によるものです.

もちろん,安倍も稲田も思想信条がおかしいし,だからこんな学園の教育方針に共鳴しているのですが,それと土地売買とは関係がありません.

教育方針との共鳴というのはノイズです.
値引きの口利きをしたのは誰なのか,そこを粛々と明らかにしてもらえれば良いことです.