2017年12月31日日曜日

例の双眼鏡

正月休みで実家・高知に帰っています.
2017年大晦日の記事は,お盆休み中の記事で紹介した例の双眼鏡について.

「ニコン 12cm 双眼望遠鏡Ⅱ型」
カツオ漁船に取り付けてあったものを,父が譲り受けてきたものです.
こういうやつ↓
無骨なデザイン.
なかなかのデカさで,手に持って見ることはできません.重量は15kgあります.

その時の記事はこちらです.
お盆休み:実家の様子

その後,知り合いの鉄工所の人に相談して三脚に取り付ける器具を作成したとのこと.
今回帰省してみましたら,完成しておりました.
それがこちら↓
15kgの重量があるのでそれなりの三脚が必要なのですが.
その三脚は,これまた知り合いの建設業の人から,使わなくなった測量用の三脚を譲ってもらったそうです.

取り付けるために特注した器具はというと,こんな感じ.
三脚上部に,コの字型にした金具で支えています.


両サイドには双眼鏡を仰俯角ティルトさせる機構が残っていたので,それを活かすための金具も用意しました.
作りは至ってシンプルで,回転する軸を金具で挟むようにしています.
これにより,旋回と仰俯角が自由にとれるようになりました(ようするに,普通の仕様).

見え方も気になりますので,さっそく目の前の山を観察してみます.

普通にiPboneのカメラで撮ったアングルがこちらでですが.
双眼鏡を通すとこうなります↓

小型のものや安物とは比べ物にならないほどの視界です.
さすがデカいだけのことはある.

ちなみに,この双眼鏡を設置しているのは父が手作りした「庵」です.
山を切り分けて小屋を建て,水場や電気を引いています.
全体像はこんな感じ.

こういうのは男の趣味というやつですね.