2010年10月31日日曜日

伝説の教師

2010年,日本国の首都で伝説の教師が誕生しました.

その男は大阪から東京に還っていった例の伝説のスーパーファンタジスタだったのですが.
教員採用試験に合格してしまったのです.

これで東京都はオシマイです.
1000年は草木も生えない状況になるでしょう.
首都移転について真剣に考えなければいけません.


実際のところの首都移転ですが,栃木・福島,岐阜・愛知あたりが候補のようですね.
近畿圏は自然災害のリスクが高いことと交通網が不十分なため候補には入っていないそうです.
実際は.

たしかに実際,私は以前愛知県に住んでいましたけど,意外と自然災害の記憶がありません.
そういう意味では愛知県とか首都にいいんではないでしょうか.
実際は.


ところで,今日の朝その伝説の教師から電話がかかってきて,
「ぜんぜん試験勉強せずに合格しちゃいました.(7月に1次試験があるのに)6月から勉強始めて,このブログを試験対策にさせてもらいました」
とフザけたことを言っておりました.

このブログが役に立ったのはいいのですが,世間で血眼になって勉強している人たちが不憫でなりません.

試験の論文とか面接で主に参考にしたブログ記事は,今年の7月のスポーツマンシップに関する記事8月の就職・面接に関する記事だったそうです.
これらを丸暗記して試験対策にしたそうです.
でもまぁ,今後もこういった役立つ情報は載せていきたいと思います.
東京都民のためにも,彼にはこのブログで勉強していってもらいたいところです.
これは先日の記事でもある,「Webで学ぶ」というところにもつながります.


本人は「教員採用試験は勉強とか実技が出来るかどうかではなく,“人物”を見ているのでは?」と笑えない冗談も口にしていましたが,合格できた人なら何とでも言えます.

まぁ,それはそうでしょうね.
それこそ,“人物” を見ることが多い仕事に就いている私としても,「勉強が出来るかどうか?」っていうことよりも,「きちんと出来るかどうか?」 の方が重要なのはわかります.

「入学させたい学生」 を挙げろと言われれば,勉強できるかどうかではなく,真面目かどうか,が最も重要な気がします.
ぜんぜん勉強できなくてもいいから,成長しようとする意志があるか,それが大事です.

秀才を集めて 「最先端のスキルを持った人材」 を輩出する大学ならまだしも,私が赴任しているような大学ですと 「幅広い視野と協調性を持った人材」 の排出が大切になってきますので.


ファンタジスタの彼自身,エキセントリックな言動が多い変人であることは間違いありませんが,いい意味で「おもしろい」奴でもあるのです.
私が組織の長であれば,一人は置いておきたい人間であることに違いありません.
こういう人間こそが組織に化学反応を起こしてくれるような気がするからです.

即戦力として役立ってくれるとは考えていませんが,そこにいることで何かしら有機的な現象を起こしてくれる人間というのは貴重です.