2016年5月20日金曜日

日本ブランドを諦める

この手のニュースが続きます.
港湾工事でも改ざん=14件受注、国交省に報告へ―東亜建設(時事通信)
三菱自動車の管理職が子会社の担当者に不正指示(NHKニュース)
新名神工事で支柱倒れる けが人なし 大阪・箕面(朝日新聞)

昨年も振り返ってみれば,東洋ゴムや旭化成の不正もありました.
こうした事態に,
「日本ブランドが見る影もない」
と評価されることもありますが,この手の問題というのは表に現れるよりずっと以前から爆弾を抱えているものです.
それが炸裂し始めてから「うわぁ〜,ここに爆弾があるぞぉ!」などと騒いだところで遅きに失するとはこのこと.

それを大学版で論じたのが前回の記事.
大学の場合は,大学改革がどーのこーのと言い始めてしばらくした2000年頃,既に絶命状態でした.
あの時以前ならまだ希望があったかもしれませんが,今はもう無理です.

最近は弱り切った体に鞭打つように,グローバル教育とかキャリア教育とか,あとは競争的な研究環境を用意することで “革新的イノベーション” という謎の事象に期待している次第.

これとそっくり同じことが産業界でも起きていると言っていいでしょう.
特に,公共事業に関する話題は大学問題と類似した性質を持っています.

何が似てるかと言えば,いずれの業界も「コストパフォーマンス」とか「市場」という価値観でやりくりしちゃいけないのに,残念ながら世間様からの要望はこの両者だったわけでして.
結果,
世間様の要望にお応えすることによって,世間様にご迷惑をおかけしている
という滑稽な状態なのです.

そして最も危険なことは,
世間様は決して反省しない
ということです.

企業が不正をするのはダメです.研究や教育を疎かにする大学もダメです.
それは当然のこととして,だけどそうした「捏造,不正で対処する」「本分を疎かにする」という状態を作り出したのも世間様です.

自分たちがそういう状況を作り出したことくらいは自覚した方がいいのですが,世間様は絶対に反省しませんので「言い訳」を考えて誤魔化します.

例えば公共事業については,談合して公的資金を湯水の如く使うことを妬んだ世間様が,「こいつらも競争に曝されなければいけない」とか言って,質の高さよりもコストパフォーマンスを重視するようになりました.
いえ,コストパフォーマンスは「言い訳」でした.つまりは単に「土建業を困らせたかった」だけです.楽して金稼いでるように見えたから.

公共事業費が削られ,競争に曝された土建業とその関連会社はコストパフォーマンスを重視するようになるわけですが,当然のことながら,コストパフォーマンスを重視するということは,絶対的なパフォーマンスは下がります.コストパフォーマンスとは相対的な評価です.そういう力が働きます.月々のお小遣いが5000円の酒好きは,シーバスリーガル18年を1本買うよりも,金麦とかモルツを毎日買おうとするでしょう.

そして昨今のごとく不正問題が発生するようになると,世間様は「もともとそんな企業体質だから」と言い訳を始め,だから「コーポレート・ガバナンスを重視せよ」と言い出しました.

コストパフォーマンスに加えてコーポレート・ガバナンスという “カタカナ語” の言い訳を手に入れたバカは,「コストはそのままに,不正を減らす」ということが  “出来るはずだ” と自己暗示をかけました.
そして「移民」を入れることにしたのです

まともな知能があれば,いくらなんでもバカ過ぎやしないかと思うのでしょうが,不幸なことにこの流れは止められません.無理です.
「移民を入れてコストはそのままに,不正を減らす努力を企業に求める」
これを推進しているのは,世間様から強い支持を得ている現政権です.
だから諦めるしかありません.

近い将来,日本はおそらく,
「企業が移民を受け入れて不正を減らす努力をしても,結局,雇用トラブルや社会問題,犯罪が多発してコストカットにはならず,さらに事故・不正・捏造が横行する」
という事態になります.

宗教とか,民族習慣とか,あとは国際結婚による家族問題なんかが次々と現れてきて,それにネトウヨなんかが「郷に入れば郷に従え.出来ない奴は本国に強制退去させればいい.なんで警察は毅然とした対応をしないんだ」などと非現実的なことを言い出すでしょう.自分たちが移民政策を支持していたことは忘却の彼方です.
世間様はその時,「警察とか公安がちゃんと働かない」という言い訳をするはずなのです.

ここには「土建業が妬ましかったから困らせたい」という当初の動機と,それによる顛末への反省は絶対にありません.

余談ですが,「コストパフォーマンス」,「コーポレート・ガバナンス」とカタカナ語を続けてきましたので,きっと「移民」もカタカナ語にするはずです.
例えば,フォーリンワーカーとか,Fレイバーとか.そんな感じの呼称を恥ずかしげもなく発表する可能性があります.
もし「スーパー外国人ワーカー」みたいな名前だったら,私,生きる気が失せます.


関連記事