2018年3月21日水曜日

それでも森友学園とか加計学園問題を議論している場合だ

世間はすっかりこのニュースで埋め尽くされてしまいましたね.
私個人としてはあんまり興味ないんですけど,時事ネタなので乗っかっておきたいと思います.

最近になって,メディアではいろいろ細かい話題が出てきていますが,これらを使って妙な憶測・推測を展開するのもつまらないので,このブログでは根本的なところから整理してみようと思います.

本件については,過去記事があるので,そちらもどうぞ.
森友学園とか加計学園問題なんて議論している場合だ
やっぱり森友学園とか加計学園問題は議論している場合だった

これらのニュースについては,
「現在の日本の置かれている状況をみれば,モリカケ問題なんて議論している場合ではない」
などと安倍晋三を擁護する発言もあるのですが,私としては,そうやって「議論」している一人に安倍晋三ご本人も含まれているようですから,きっと日本は「そんな場合」なんだと心穏やかに見ています.

考えてもみてください.
もし私が日本の総理大臣で,今まさに北朝鮮だとか大規模災害だとか不況脱出だとかに取り組まないと我が国は大変なことになると本気で考えていて,しかも,モリカケ問題が本当に潔白なのであれば,自身のクリーンさを証明するものを強引にでも提出して事態の収拾に努めます.

それこそ,(本当に潔白なのであれば)しょうもないデマと言いがかりに付き合っている暇はないのですから,自分が本当に取り組みたいことに集中するためにも,野党やメディアを黙らせる対応をすれば,国会でモリカケ問題とかスパコンの話で時間をとられることも少なくなるでしょう.

ところが,安倍晋三はいつまでもこの話題を引き伸ばしています.
「モリカケ問題よりも大事なことが・・・」と憤る人もいますが,もしモリカケ問題での疑惑が本当だったら,安倍政権では北朝鮮だとか憲法改正などと言ってられる事態ではなくなります.
まともな政治家じゃない人達に,日本の有事や憲法を任せてられないからです.
だからモリカケ問題はモリカケ問題として,徹底追求するのが野党政治家やジャーナリストの仕事です.

想像してみてください.
あなたがタクシーに載ったとして,もしその運転手がチンパンジーだったらすぐに降りますよね.
間違っても「今は早く目的地に着くことが優先だから,運転手がチンパンジーかどうかを気にしている暇はない」とか「道路が渋滞していることの方が問題」などと言ってる場合ではありません.
「こいつじゃ車を運転できないだろ」ということの方が問われるべきです.

「代わりの運転手がいない」とか「車を運転できるチンパンジーもいる」などとアクロバティックに擁護する人がいますが,ナンセンスです.
そもそも,チンパンジーに公道を運転させるのは犯罪です.
なぜこのタクシー会社はチンパンジーを運転席に載せたのか? ということを問う必要はありますが,それよりもチンパンジーを運転席から引きずり下ろすことの方が先.

実際のところ,モリカケ問題は限りなくクロに近い話だとは思いますよ.
そして,安倍晋三にとっては北朝鮮や自然災害といった日本を取り巻く有事や,不況脱出といったことよりも,自身の政治生命の方がウエイトが大きいものとして映っていることでしょう.
だからここまで引っ張ってこれた,としか表しようがないではありませんか.

それに,北朝鮮にしたって日本は蚊帳の外ですし,現状,主体的に何か検討すべき課題があるわけでもないし.
そう言えば,昨年はミサイル実験が行われている最中に選挙もやってました.余裕ですね.
つまり,森友学園・加計学園問題は議論している場合なんです.
北朝鮮だとか災害対応,不況脱出を差し置いて議論できちゃうのが今の日本ということです.

チンパンジーに車の運転はできません.
それと同様,モリカケ問題を終息させられない政治家は,デフレ脱却を謳いながら消費税を上げようとするし,1億総活躍を謳いながら移民労働者を入れようとします.
チンパンジーはアクセルとブレーキを同時に踏むかもしれませんが,むしろモリカケ問題を終息させられない政治家はギアをバックに入れてアクセルを全開にするのです.


関連記事
森友学園問題をまとめてみた
森友学園とか加計学園問題なんて議論している場合だ
やっぱり森友学園とか加計学園問題は議論している場合だった