2017年2月17日金曜日

保育所問題はここまで来た

最も危ない保育の議論が始まりました.
やっぱりダメです.もうダメです.保育所が足りないから公園に作ろうと言い出す.保育所問題はここまで来ました.

保育所問題については1年前に既に諦めていた私ですが,
ここ最近のニュースを眺めていると,つい口を挟みたくなります.

そう言えば,「保育園落ちた日本死ね」というのが昨年の流行語大賞でした.
その影響だからでしょうか.待機児童と保育所問題のニュースが連日続きます.
てっきり,すぐに世間の注目をなくす話題だと思っていたのですが,なかなかしぶとい.
どうやら来年度も待機児童ゼロにできないみたいだとか,男性保育士が女児を扱うなとか,いろいろあります.
流行語大賞をとって話題を振りまく効果はあったようです.良かったですね.

ただ,やっぱり世論の方向がおかしいんです.
こんなネットニュースがあるんです.
公園内に保育所設置,どう思う?(Yahoo!意識調査)
国土交通省は、保育所の待機児童対策の一環として、公園内に保育所を設置できるようにする方針です。あなたはこの方針に賛成ですか? 反対ですか?
で,アンケート結果をみたら賛成多数(約70%)です.
以前,保育士養成課程のある大学・学科で仕事していた私としましても,公園内に保育所なんかつくってる場合じゃねぇだろ思うのですが,世間ではどうやら「背に腹は代えられない」,すなわち,早く待機児童を解消するためには保育所を拡充することが重要だというんです.
世も末です.
細かい話は上述した■保育所問題を諦めるを読んで下さい.そっちに話は譲ります.


それより興味深いのは,こっちのニュースです.
国歌・国旗、保育所で「親しむ」厚労省が指針改正案(朝日新聞)
保育指針は10年に一度改訂されており、現行の指針には国歌や国旗に関する記述はない。改正案では「伝統的な行事、国歌、唱歌、わらべうたや伝統的な遊びに親しんだり、異なる文化に触れる活動に親しんだりする」などと記載されている。
別に保育所で国歌・国旗に親しむなと言ってるんじゃありません.
ちょっと頭がイカれてるんじゃないかと思われる可能性があるので,早めに諫言しておいたほうがいいんではないでしょうか,ということです.

あえてストレートに言えば,保育園児が国歌・国旗に親しめるわけがないし,保育士にもそんな余裕ないんだから,もっと大事なことに焦点をあててくれ.まずは「保育」に注力してくれ,ということです.

このバカ殿政権は,以前にも大学にそんな要求をしてきましたね.
大学における国旗国歌
恥を知るべきです.

恥だけじゃなく道理を知らないウヨクは「学校で教えていることを,大学,保育所で教えて何が悪い」という姿勢でいらっしゃいます.アホですね.だったら全部「学校」にすればいい.
政権の中心人物もこんなことを言う.
幼稚園・保育所で国旗・国歌、菅長官「ごく自然なこと」
「ごく自然なこと」なら,ごく自然にしとけばいいのに.

バカは限度と適度を知らないというところに,その特徴があります.なんでも単一化と均等化しようと企む.
なんのために分割していたり自治・自律しているのか考えない.そんな奴が昔,大阪の首長をやっていました.
これはウヨクとかサヨクと呼ばれている人種に共通することです.
この改正案は3月15日までのパブリックコメント(意見公募)を経て、今年度中に決定する。
ということなので,まともな意見が寄せられることを期待します.