2017年2月28日火曜日

築地市場土壌汚染問題今更何故報道

タイトルを16字熟語にしてみました.
文字化けでも中国語でもないですよ.

どうやら築地市場の土壌はかなり汚染されているようだ,というニュースです.

築地も土壌汚染の恐れ 8工事で義務付け履歴調査怠る…他8市場20件前後の工事でも(産経新聞)
豊洲市場(東京都江東区)の移転問題をめぐり、築地市場(中央区)の敷地が土壌汚染されている可能性があるとの報告を都がまとめていたことが28日、都への取材で分かった。報告では、築地の敷地に戦後、ドライクリーニング工場が建てられ、有害物質を含む有機溶剤を大量に使ったとみられるため、土壌汚染の可能性があると指摘。都は今後、築地の土壌汚染の有無を調べるが、小池百合子都知事の移転判断にも影響を与えそうだ。
噂では,「既に昨年9月の時点でこのことは分かっていた.小池都知事が豊洲移転問題を政局に利用したいから伏せていた」なんてのもありますが,それはこの際放っておくことにします.

私が驚いているのは,このことが主要メディアでニュースになったことです.
先日も「自民党の息がかかっている教育機関」がニュースになりましたよね.これにもビックリしていたところです.
こんなウヨクの教育は万事休すだ

こういったことは豊洲移転問題のほとぼりが冷めてから出てくるもんだと思っていましたので,東京も案外侮れませんね.

私もかなり以前から「そもそも築地市場が汚染されているんだから,豊洲に移転したところで問題ない.むしろ,データからしても “穢れ”思想からしても清潔なのは豊洲でしょ」ということを述べてきました.
豊洲移転問題みたいな問題を考える

なんと言っても,築地市場ってあの「原爆マグロ」が埋められてる場所として(私のなかでは)有名だったので.
(これって中学か高校の社会の教科書とかに載ってませんでしたっけ? なんとなくそんな覚えがあるんですけど)

それを知った当時から,なんでそんな処理地の上にわざわざ魚市場を建てたのか疑問でした.
私なりの解釈はこうです.
原爆マグロという “穢れ” を,ある種の “鎮魂としての生贄” といった禊的価値観から,その埋め立て処理地の上に,敢えて「魚市場」を建設したのではないかと.
漁業関係者たちの心意気といいますか,表現が難しいですけど,この感覚,なんとなくですが理解してもらえるでしょうか.

ともかく,上記の過去記事でも書いたように,こういう話題って出てこないだろうと思っていたんです.
東京人って,そういうところの根性が腐っていると思っていたので.
でも出てきた.凄いですね.
おめでとうございます.

そもそも関東のくせに.ましてや東京のくせに「汚染されていない土地を探したい」などと言い出す事自体が身の程知らずなんです.
ちょっと頭がイカれていると思われても不思議じゃない.
東京に清潔な場所なんてあるわけないじゃないですか.

地方民である私からすれば,この関東一円が汚染地域です.
そういう認識で生活した方がいいと思います.
逆に言えば,そんなことが体を通して感じられないほどに,この地の人間は感覚が麻痺していると言っていい.

なんにせよ,こういうニュースが報じられるのは常識的な感覚が残っていることを意味します.

ただ私は,今回のニュースで豊洲移転問題が好転するとも思っていません.
以前から私は「東京人」を揶揄するため,こんな例え話を繰り返ししてきました.
出典■やっぱり東京を諦める
ホクホクと塩焼きにされた鯛を見せられ,「これを今から活け造りに変えてくれ」と言われても困ります.炊き込みご飯にするくらいならなんとかなりますが,活け造りは無理です.それと一緒.ただ一番困るのは,塩焼きでもそれを美味しく食べればいいものを,炊き込みご飯に作り変えたボソボソの鯛を「うまい,うまい」と言いながら食べちゃうのが東京人でもあることです.
どういう意味かよく分からない人もいるかと思いましたので,やや詳細に述べたのがこちら↓
鯛の活け造りが食べたかった東京人は,塩焼きを見せられ「活け造りにしてほしい」と頼みました.
でも,現在の東京という場所で活け造りを食べることは無理です.絶対無理なんです.
だったら塩焼きであってもそれを美味しく食べればいいものを,
活け造りがダメなら何が出来るんだ? と聞いてくるので,
「まぁ,炊き込みご飯くらいですかねぇ」っていうことになったから,
「塩焼きは嫌だから,炊き込みご飯に変更だ」というわけで,
塩焼きから作り変えたボソボソの残飯みたいな炊き込みご飯が出されたとしても,
きっとそれを「うまい,うまい」と言いながら食べちゃうんですよ.
けど,その炊き込みご飯にしても「もっとうまい炊き込みご飯があるそうだ」ということになったら,
「これは本物の炊き込みご飯じゃない」などと文句を言い出して,
なにがどう “本物” なのか分かんないんけど,とりあえず「本物の炊き込みご飯」を注文しだす.
地方出身者からすれば「結局,活け造りはどうなったの?」って思うんですけど,それは忘却の彼方です.
で,こういうのをずっと続けていって,そのうち「豆腐の刺身をショウガ醤油で食べよう」というところまで行き着きます.
それって冷奴ちゃいますの? ってツッコミが全国から来るものの,
「分かってないなぁ.これだから地方は困るんだよ」って言うはずです. 
きっと,豊洲移転問題もそんな顛末になると予想しています.

私が東京人に言いたいのは,「四の五の言わずに,まずは塩焼きを食え」ということです.
活造りは,地方に行って食べればいい.

身の程をわきまえるべきだということ.
ただそれだけです.


※より詳細な話は,以下の過去記事を参照してください.
関連記事
騙された?いえ,判断力の問題でしょ
じゃあ,どれが一番良いのか?
じゃあ,どのラーメンが一番旨いのか?
東京ラーメン再考
私をほめなさい。300字程度で。
ショートケーキ
やっぱり東京を諦める
鳥無き島の蝙蝠たち(4)空海
俗物が俗物から遠ざかるには