2016年11月29日火曜日

大学教員を目指す研究者がやめるべき習慣

先日,こんな本が出ていたので買いました.
適菜収 著『男が30代でやめるべき習慣』


このブログでは何度か取り上げている適菜収氏.
この本に限らず,氏の著書には共感できることがたくさん登場します.

さっそく読んでみたら,過去の私の記事でお話してきたことと重なるところが結構多いんです.
せっかくなので今日は,適菜氏の言葉を私の過去記事と共に並べてみました.


適菜氏)本当のところ「何をやるべきか」なんて誰にもわからないのです.―― 「やるべきこと」ばかり考えていると,つらいどころか,現在を無駄にします.―― やらなくていいこと,やめるべきことを見極めるのが大切です.

過去記事)■オープンキャンパスの来場者数を想うより 「やったほうがいい」よりも「やってはいけない」を選別することのほうが重要.これは人生何事においても同様です.


適菜氏)「英語の勉強」をやめる
英語が話せても,ダメなやつはダメ.―― 急に英会話教室に通いだすやつは,布団を売りつけられる老人と同じです.―― 日本人が英会話できない理由は必要ないからです.

過去記事)■英語教育は国をあげて取り組むことか?より 他の国々が英語教育に時間を割いているのは,海外に職を求めなければならないほど国内が不安定であり,さらには自国の言語では教育コンテンツが乏しいからです.―― 日本はこれに対し明治初期において,「翻訳」という作業に勤しむことで日本語の語彙を増やし,高等教育に耐える言語にしました.―― 昨今の英語教育を推進する動きというのは,その先人たちの努力を踏みにじるものと言ってもよいでしょう.


適菜氏)「テレビ」を捨てる
テレビを捨てて自由を得よ.―― テレビは手っ取り早くバカになる道具です.

過去記事)■テレビのない生活のすゝめより よくよく考えてみたら,テレビって一方的な情報提供ですよね.実は,自分が面白いと思っているものだけ愉しみたい,というワガママを叶えるものではないのです.妙な話です.本能の赴くまま,己の欲望を満たすための行動を取る上では,テレビは障害にしかなっていないのですよ.―― テレビのない生活がどうのこうのというよりも,むしろ「実は,テレビのある生活は苦行ではないか?」というところで検討したほうが興味深いのかもしれません.

適菜氏)「新聞」を捨てる
テレビと同様,数百万部も新聞を売るためには,下のレベルに合わせるしかない.上に合わせたら,売れなくなってしまうわけですから.

過去記事)■そんなに大事じゃない,大学教員が言うこんな指導より 「新聞を読め」という指導をする大学教員は少なくありませんが,その一方で,新聞をほとんど読まない人種が多いのもまた大学教員です.「どうせ新聞なんか大衆迎合商売の権化だろ.僕には関係ない」というスタンスです.しかもそれで困ることはありません.―― 毎日熱心に新聞を読んでいるのに「ナントカ都構想」に賛成する人もいれば,まったく新聞を読まなくても「ナントカ都構想」の危険性を察知できる人もます.ようするに,新聞を読んで社会に関心を寄せておくことが大事なのではなくて,目の前にした課題の中身をどのように吟味し,いかに振る舞えるかが大事なのです.


適菜氏)「行列」に並ばない
要するに行列に並ぶバカと,行列を売りにするバカが,スパイラルを起こしている.30を超えたら,行列ができる店には絶対に行かないというくらいの見識は持ちましょう.

過去記事)■じゃあ,どのラーメンが一番旨いのか?より 誤解しないで下さい.ラーメンは下劣な料理だと言っているわけではありません.マクドのハンバーガーと同じような階級と位置付けをもった料理だということです.どれだけ多様で予算と時間をかけようと,やっぱりラーメンはラーメンです.酒を飲んだ帰りに,よせばいいのに食べてしまう料理がラーメンなのです.マクドのハンバーガーに行列を作ったり,「照り焼きチキンこそ至高の味わい」などと言う奴はいないでしょ,ということです.


適菜氏)「スポーツ観戦」をやめる
「見るな」と言っているのではなくて,「隠れて見ろ」という話です.贔屓のチームが負けたら機嫌が悪くなるやつもいますが,ただの迷惑です.―― 人のことはどうでもいいんです.まずは自分のことをやりましょう.

過去記事)■井戸端スポーツ会議 part 19「スポーツ観戦のような政治観戦 その2」より 「政治が『ショー(見世物)』になった」と言われて久しいのですが,これも,議会制政治が一つのスポーツであることを目指す傾向にある近代,そして現代の有り様を示していものと言えます.―― 近代スポーツ,現代スポーツの魅力を全面否定するつもりはありませんが,それによってこの社会が近代スポーツ,現代スポーツのようになっていくのであれば,この麻薬のような思想をもう少し腰を据えて解明してく必要があるのかも知れません.


適菜氏)「グローバリスト」をやめる
「グローバリズム」は,基本的に「世界人類皆兄弟」みたいな話です.昔の左翼の理想と同じです.―― 安倍は危険なグローバリストです.

過去記事)■わざわざカタカナ語を使おうとする人より 「グローバリズム」,これを日本語にすれば「地球一体化思想」とか「地球共同体主義」です.より分かりやすくするため,「宇宙船地球号」と言われることもあるそうです.おそらく,「グローバル」という言葉を喜んで使っている人たちの多くは,これを「国際化の推進」だと思っています.もしくは,経済とかビジネスの領域でしか見ていない.―― 人類みな兄弟,今後世界は統一される,国境や民族にこだわる時代はなくなるんだ,などと地球を一つの共同体とする思想を進めたい人が,この機に「グローバル,グローバル」と言っている可能性があります.


適菜氏)「答えを出せ」と言わない
自分の意見に合わないことがあれば,「対案を出せ」「答えがない」「分かりやすく言え」などと騒ぎ出す人がいます.彼らは世の中にはわかりやすい「答え」があると信じているわけです.

過去記事)■コピペ・レポートの行き着く先はより 私を含めて少なくない教員は,学生に「優れたレポート」なんてものを求めてはいません.そりゃ優れたものを出してもらえるのは嬉しいことですが,「レポート課題」という指導で学生に得てほしいのは,より良い答えではなく,より良い答えを出そうとする手順を踏んでもらうこと,それ自体にあります.―― コピペ・レポートの何が問題なのかといえば,ひとえに「議論そのものをコピペしてしまっている」という点にあります.―― 「この問題については,こういう回答が適切なんでしょ?」というのは,世の多くの大学教員なら烈火のごとく怒りたくなる「学生の意識」です.そしてコピペは,「こういう回答が適切なんでしょ?」という学問に対する意識・態度を是正するどころか,それを助長します.


適菜氏)節約のために発泡酒を飲むやつがいます.あれは本当に嫌ですね.発泡酒をバカにしているのではありません.発泡酒が好きで,「ビールより断然うまい」と思って飲んでいるなら,それでいい.―― でも,「カネがないからビールを我慢して発泡酒を飲んでいる」と公言するようなやつには反吐が出ます.

過去記事)都知事選と抹茶ビールの間にあるものより 面白いですね.高知は酒にかける費用はぶっちぎりの1位ですが,消費量は東北や九州,そしてなんと東京の方が高知よりも多いんですよ.実際,ビール消費量の絶大なシェアをほこる「アサヒスーパードライ」ですが,高知県民はこれをほとんど飲みません.―― そんな高知県民である私が思いますに,東京は余計なことをせず「ホッピー」のレベルを上げるべきなのです.それと同じことが都知事選にも言えると思うのです.


とても面白いのでオススメします.
特に,これから大学教員を目指そうかという若手研究者は必読です.

私の過去記事もオススメです.